STEP3 デジカメプリント予備知識

予備知識

写真に限らず様々な物には色がありますが、何故その色に見えるのでしょう。

物が見える仕組み

  1. 色の種類
    色の現れ方は、大きく分けて光源色と物体色があります。
  2. 光源色と物体色
    花火や電球など、そのもの自身が発光している光源の色が光源色です。物体色は、花などのように他から光を受けて色をあらわす物体のことです。また物体色のなかで、印刷物のように物体の表面反射の光で見える色を表面色といいます。カラーフィルムのように透過光で見える色を透過色といいます。
  3. 物体の色白色光が物体に当たると反射、透過、吸収の現象がおきます。白色光の中から、ある色光を物体が吸収して、残った色光が反射したり透過して人間の目に届いて色が見えるのです。
    "「色」には、物体色と光源色があり、さらに物体色は反射色と透過色に分かれます。

表面色:反射の場合

太陽光が当たっている黄色い花。黄色の花は何故、黄色に見えるのでしょう?

花に当たっている太陽光は、R+G+Bから出来ています。花は黄色(B ブルーを吸収する)です。黄色に吸収されずに残ったG光とR光が、花から反射されて人間の目に届くのです。「G+R=Y」ですから、人間の目には黄色に見えるのです。カラー写真を見るときも同じです。光を写真に反射させて人間は写真を見ています。

B光は黄色に吸収され、残りのRとBを足してY(黄色)になります

透過光の場合

太陽光がシアンフィルターを透かすと透過した光はシアンに見えますが、何故でしょう?

C シアンフィルターは、太陽光(R+G+B)のR光を吸収します。
「G+B=C」となりますので、その光はシアンに見えるのです。
R光がシアンフィルターでカットされ透過したGとBでC(シアン)になります

次のステップへ

step1 step2 step3 step4 step5 step6 step7


サブコンテンツ

このページの先頭へ