デジカメプリント講座

デジカメプリントとメディアプリント

デジカメデータですが、フジフィルム「フロンティア」ではデジカメプリントメディアプリントに区別しています。

exifデータあり画像

・Exif形式のJPEGファイルをフロンティアで読み込んだ場合、デジカメで撮影したものだと判断します。デジカメ画像には、画像処理ソフト(イメージインテリジェンス)による色調補正がおこなわれます。

exifデータなし画像

・デジカメ画像を一度、画像処理ソフトなどで加工や調整したデータや、スキャナーで取り込んだりした画像などは、フロンティアで読み込む(ご注文を受付ける)と、「メディアプリント」と解釈して写真出力されます。補正はされません。

メディアプリント本来の考え方

・上記のように、お客様が画像をお好みに加工したものであるから、それを尊重して当方では、手を加えない、補正を行わない、という考え方です。

メディアプリントの実際

・デジカメ画像を調整・加工されたお客様(マニア・上級者)も勿論いらっしゃいますが、お客様(実際はこちらのお客様が多い)の中には“デジカメプリント”で注文した(する)と思っていたのが、“メディアプリント”になっていたというケースが有ります。
これは、デジカメ画像を加工したつもりはないのに、例えば画像ファイル名を、GW旅行.jpg、運動会.jpg、と書き換え保存し直すだけでも、デジカメ画像データからExif情報が消えて”メディアプリント”になってしまうことが有ります。(お使いのパソコン環境によって違います。)
ただ、当店では、この様なご注文はお客様が意図したのではないと判断し、「自動&手動補正仕上げの場合」は店のスタッフがデジカメ画像毎に、補正処理をして写真にしています。

・補正無用のお客様はご注文時「補正なし」とメモ欄に御入力ください。

Exif 自動補正仕上げの場合 高品位仕上げの場合
あり 画像処理ソフトで自動補正のみ 画像処理ソフトで自動補正+手動補正
(色・濃度補正)
なし 無補正 人の眼でチェックし 画像処理ソフトでの自動補正を行う+手動補正(色・濃度補正)

exif情報のない画像は意外と多い

Exif情報が無く、メディアプリント(画像処理ソフトによる補正が自動で行われない)になっている画像は結構あります。
・上の2画像は、それぞれ実際にお客様からネットでご注文頂いたデジカメ写真データを読み込んだ段階の画面です。Exif情報のない画像は「メディアプリント」と認識されます。


「プロ仕上げ」のデジカメプリント

人の目で見て1画像毎に補正がかかるように設定(ボタンをクリック)しています。
・自動&手動補正仕上げの場合はそのままでは補正がかからないメディアプリントを1枚毎に人の目でチェックし探します。
そしてメディアプリントになっている画像をクリックすると、①の画面になります。
②Exif情報ありの画像と同様に自動補正を行います。そしてこの後、手動補正で色・濃度を調整しています。(自動補正)は、当ページ下記の「当店で行っている補正」をご覧下さいませ。

・お値打ちな自動補正仕上げの場合は補正は行われません。

処理機器について

当ネットサービス(デジカメプリント)はフジフィルム社製のデジタルミニラボ「フロンティア」で出力しています。
写真現像/出力機であるフジフィルム製のデジタルミニラボ『フロンティア』
デジカメ画像からのプリント「フジカラーデジカメプリント」は、当店ではフロンティア2台体制で処理して、お客様にお渡ししています。
印画紙のロゴフジカラー印画紙(Fujicolor Crystal Archive Paper)の外装の一部
デジカメプリントのペーパーは海外で広くフロンティアに使用されている「フジCAペーパー」(右写真は外箱)を使っています。国内純正とされるEver Beauty Paper for LASERペーパーと品質は変わらないと思います。
●諸事情によりペーパーがEver Beauty Paper for LASER になる場合もございます。

当店で行っている補正

一般的な自動画像処理ソフト
通常の画像処理ソフトが行う補正のようす

  • 一般的な自動補正技術では画像の統計量、たとえば画素の明るさ分布を求めてそれぞれを目標分布に近づけるように補正します。
  • ExifPrint情報を記録すれば、被写体分類や撮影条件ごとに 目標分布を変更することも可能となります。
  • しかし光源と被写体の関係など撮影時の「状況」や、何を表現したいかという「意図」はそれぞれのシーン毎に異なっており、最適な画像を得るには熟練者による補正が必要です。

フジカラーデジカメプリントは最適な補正を行っています。

当店で行う補正(画像処理ソフト)の様子

  • 撮影光源やライティングの方向(逆光・順光)・露光量等の撮影条件に加え、最先端のコンピュータビジョン技術を駆使し被写体そのものを自動的に解析し、描写意図を推定します。
  • 撮影シーンや撮影条件または被写体等に合わせて階調等を自動調整するほか、ダイナミックレンジ圧縮技術や粒状抑制シャープネス技術をフル活用し、分野・用途や媒体に最適な表現・画質を決定します。
  • 長年にわたり蓄積してきた多量の画像データベースと写真設計技術を最大限に活用しています。

CRタグについて

  • Exif2.2以降では、撮影情報を有効に活用できるようシーンタイプなどの情報をタグに記載できるようになり、デジカメ側で絵作りが完了していれば、プリンター側に補正しなくて良いと指示できるようになりました。それがCRタグというもので、プリンターはデジカメデータに対し補正をしないか低減することになっています。
  • デジカメの中には、例えば「夕日撮影モード」「あざやか撮影モード」または「モノクロ撮影モード」などがあり、CRタグが入るデジカメがあります。また、カメラメーカーによっては、日中撮影でもCRタグがつき、フロンティアの自動補正がかからなくてメディアプリントのようになる機種もあります。

自動&手動補正仕上げのデジカメ写真の場合は、夕日撮影などの写真は、CRタグがついた状態と解除し補正をかけたものを見比べキレイだと判断したものをお渡ししています。
自動補正仕上げのデジカメ写真の場合は、機械で設定されている通りに処理します。

フジカラーデジカメプリントの裏印字の見方

デジカメプリント裏の印字
デジカメプリント裏に印字される情報についてです。

< >この中は、画像ファイル番号。 次のA02468はオーダー番号
085は、85コマ目の画像。100コマ注文の場合、001~100迄ある中の85コマ目の意味。
0003は、同じ画像を3枚、枚数プリント。当然同じ裏印字の写真が3枚ある。
N1A3は、順にCシアン、Mマゼンタ、Yイエロー、濃度キー。
NNNNなら手作業で色と濃度補正をしていない(調整不要と判断した。
または「自動補正仕上げ」を選択いただいた。)
手動補正が±0ならN、1キープラスすると1、以下2、3~と補正量が+方向で大きくなる。
逆にAは-1(色を弱める)、以下-2はB、-3はC~で表示される。
3は、ほとんどの仕上がり写真に印字されている。
他に1と2がある。3は通常の仕上がり/ペーパーの外接に合わせてプリント。
1はペーパーの内接に合わせてプリント。
画像データを画面切れナシでプリント、写真の上下か左右どちらかに余白が出来る。
2は、サイズ変換なし写真に出力、フロンティアは300dpiで出力するので、
例えば1200×800画素だと約10.2×6.8cmの写真になる。Lサイズプリント(12.7×8.9cm)
の中に白フチ付の仕上がりになる。
は、補正なし(メディアプリント)、この場所に大抵の場合は表示はない。
他にSはシャープネス、Mは曇天補正など。
CR:0 CRタグなし。CRタグ有りは1。

注:ネットご注文では、写真仕上がりに余白が出ない”ペーパーの外接に合わせてプリント”しか行っていません。

その他、店頭受付機(オーダーキャッチャー)でのご注文だと、OC と印字される。


サブコンテンツ

このページの先頭へ