大型センサー搭載の高性能コンデジ

コンデジの新機種ですが、大型のイメージセンサー(CMOS)を搭載したものが目立ちます。

『イメージセンサーのサイズが大きい≒高画質』になりますので、よりキレイな写真が写せる機種になります。

Panasonic LUMIX FZ1000 は、コンデジでは初となる4K動画が撮れるのが特徴の一つですが、1.0型センサーを搭載しています。

1.0型センサーはNikonのCXフォーマットのデジタル一眼・ミラーレス機に採用されたのが始まりで、その後、SONYの“RXシリーズ”が登場しましたが、今秋になりPanasonicの他にCanonからもPowerShot G7xが発表されました。

さらにPanasonicからは、1.0型よりさらに大型の、同社のマイクロフォーサーズに使われるセンサーと同サイズ4/3型を搭載したLUMIX LX100 も発売されます。

その他、従来からある2/3型ですが、FUJIFILM X30 も性能をアップして発売されます。

いずれも、コンパクト機で撮影した写真とは思えないほど、大伸ばししてもキレイな仕上がりになります。

スマホの普及に伴い、スマホのカメラでは写せない写真・高品質なプリントが得られるデジカメへのニーズが高まっているのでしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ