α5100(ILCE-5100) 高いAF性能&XAVC S動画

α5100(SONYのレンズ交換式デジタル一眼/ミラーレスカメラが来月(2014年9月5日)に

発売されます。ボディーはブラック、ブラウン(写真)、ホワイトの3色。

α6000のようなEVFは省略されていますが、ポップアップ式ストロボを内蔵しています。

α5100(ILCE-5100):SONYのEマウントレンズ交換式デジタル一眼カメラの写真

α5100は、ミラーレス&コンパクトカメラに多く用いられてきたコントラスト検出式AFに

加え、一眼レフに採用されている位相差検出式AFも搭載したファストハイブリットAFを

採用しています。

ファストハイブリットAFは、従来機でも利用できる馴染みのある機能ですが、

α5100では、ほぼ画面全体に設けられた179点もの位相差AFを搭載することで、動いている

被写体への追従性を高めると共に、0.07秒の高速合焦スピードを達成しています。

その他の基本性能は、撮像素子にAPS-Cサイズ約2400万画素CMOSを搭載していて、

最高感度はISO25600。画像処理エンジンは最新のBIONZ X。

フルハイビジョン動画撮影時にも常時AF追従な可能。動画はXAVC Sフォーマットを採用。

自分撮りも容易な180度チルト機能のタッチ(静電容量式)式の3.0型92万ドット背面液晶

ディスプレイを採用。

手軽にスマートフォンへの写真画像や動画の転送ができるWi-Fi&NFC機能を内蔵。

高画質なXAVC S動画


XAVC S動画フォーマットがα5100に採用されています。従来のAVCHDがフルHDで

最大28mbsであるのに対してXAVC Sは、50mbsとより大容量になっています。

これにより今まで以上の高画質な動画が撮影出来るとしています。

(α5100は、AVCHDでも動画撮影出来ます。)

静止画(写真)記録画素数は、Lサイズ: 6000×4000(24M)、Mサイズ: 4240×2832(12M)、Sサイズ: 3008×2000(6.0M)‥以上は画面比3:2。

画面比16:9では、Lサイズ: 6000×3376(20M)、Mサイズ: 4240×2400(10M)、Sサイズ:3008×1688(5.1M)等と、なっています。

プリント以外にも、写真をテレビの大画面でスライドショー再生できるDVDやBlu-rayディスクに書き込む保存サービスも承っていますが、16:9のアスペクト比で写真を撮影されたなら、薄型テレビの画面にピッタリでお勧めです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ