D810 | ローパスレスフルサイズ36M一眼レフ

NikonのFXフォーマット(35㍉フルサイズセンサー搭載)で3630万画素の高画素で

話題となったD800の後継機種「D810」が来月(2014年7月)に発売されます。

Nikonフルサイズ一眼レフD810

D810には、画素数は現行機と変わらないものの新開発されたCMOSセンサーが採用され、

ISO 100と同等の広いダイナミックレンジを持つベース感度ISO64を実現したとしています。

これは明るい撮影シーンにおいて大口径レンズを使用する場合でも、被写体を階調

ツブレをおこすことなく高い鮮鋭感で描写することが出来るようになりました。

3630万画素もの圧倒的な画素数を最大限に活かし、NIKKORレンズの描写性能を

最大限発揮するためにD810では、位相差AFの精度を高めているだけでなく、ミラーや

シャッターなどのメカ駆動が一新されて、カメラ内部でおきる振動を大幅に低減している

とのことです。


D810の写真撮影画素数は、1.2倍クロップ撮影では6144×4080画素等、DXフォー

マット(APS-Cサイズ)撮影では4800×3200画素等となります。そしてフル画素撮影時は

7360×4912画素になります。

D800/E で撮影された画像からデジカメプリントのご注文を承った際、1画像のデータ

サイズは20MBにもなるものがありました。

年々画像データは増える傾向にありますが、さすがに20MB/コマは驚きました。

D810の撮影画像からデジカメプリントのオーダーも同じくらいのデータ量になるのでしょう。

アスペクト比3:2のイメージセンサーを搭載しているデジカメは、やはり画面比3:2で

写真を撮ることが多いと思いますが、写真プリントはWL(133×89㍉)、KG(152×102㍉)、

W2L(190×127㍉)、6PW(305×203㍉)が画面切れが少なく仕上がります。


KGサイズ-デジカメプリント

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ