α77 II | AF追従で12コマ/秒のスピード一眼カメラ

ソニーから、Aマウントのデジタル一眼カメラ「α77 II」が6月6日(2014年)に発売されます。

α77 IIボディ単体“ILCA-77M2”と、ズームレンズキット(DT 16-50mm F2.8 SSM)の

“ILCA-77M2Q”で販売される予定です。

ソニーAPS-CサイズAマウントデジタル一眼 α77 II

α77 IIは、有効約2430万画素のExmor APS HD CMOSセンサーを搭載していますが、

現行機種α77と同じで画素数アップはありません。しかし、新型の画像処理エンジン

「BIONZ X」になり、各種性能が高められています。

79点の位相差センサーによるAFシステム(15点クロス)を導入されると共に、新しいAF

アルゴリズム制御などによって、AF(AEも)追従で最高約12コマ/秒の高速な連写性能

を約2400万画素(静止画のフル画素)で実現しています。

背面モニターには、約123万ドットの3.0型TFT液晶(RGBW配列の液晶モジュール:

WhiteMagic)を採用されています。α77 は、同じ3.0型ですが約92万ドットですので

α77 IIはより高精細になっています。角度調整は上に150°、手前に180°。そして引き出し

た状態で、さらに右に180°、左に90°可動。モニター上にカメラの設定状況を一覧表示させ、

様々な機能をコントロールダイヤルで直接操作できる「クイックナビプロ機能」を内蔵。

電子ビューファインダーは、α77と同一の有機ELを採用した0.5型(235万9296ドット)の

「XGA OLED Tru-Finder」を搭載しています。

視野角とアイポイントは、それぞれ 約33°、27mm。

ソニーα77 IIの動画撮影性能は、1920×1080/60p(MPEG-4 AVC/H.264)に対応して

いるほか、“デジタル一眼”の特徴を活かして、動画撮影時にも位相差AFが可能で、

これにより動く被写体でもスムーズにピントが合います。

その上α77 IIでは、撮影シーンや被写体の動きに合わせて、合焦速度とAF追従感度を

任意に調整することが出来るそうです。

写真は縦横比3:2か16:9、そしてパノラマ

静止画の記録画素数は、 6000×4000(24M)の「Lサイズ」、4240×

2832(12M)の「Mサイズ」、3008×2000(6.0M)の「Sサイズ」の他、縦横比が16:9の

6000×3376(20M)の「Lサイズ」、4240×2400(10M)の「Mサイズ」、3008×

1688(5.1M)の「Sサイズ」が選択できます。

※12416× 1856 (23M)などの『スイングパノラマ』もあります。

α77 IIは他のAPS-Cサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ等

と同じく、WLやKG、さらにはW2Lや6PWサイズが撮影画像をほぼそのまま写真プリントに

することが出来ますのでおすすめです。


デジカメプリント KGサイズ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ