PowerShot SX600 HS/SX700 HS そしてD30比較

キャノンから、2月20日(2014年)に同社コンパクトデジカメPowerShotシリーズの新製品「PowerShot SX600 HS」「PowerShot SX700 HS」が発売されます。

SX600 HSは、ブラック、レッド、ホワイト、ゴールド計4色のボディーカラーが、そしてSX700 HSは、ブラックとレッドの2色が用意されています。

canonデジカメSX600 HS写真 デジカメPowerShot SX700 HS写真

1.写真の記録画素数

SX600 HS、SX700 HS 共に、搭載された撮像素子は1/2.3型で約1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーで性能差はありません。

どちらも「ラージ」4608×3456画素、「ミドル1」3264×2448画素・・・、等で撮影できます。

画質は「スーパーファイン」、「ファイン」の2種類が、そしてアスペクト比は、4:3、3:2、16:9、1:1が選択できます。

2.高倍率ズーム

一方、レンズは、SX600 HSが26㍉の薄型ボディーに、焦点距離4.5~81.0mmの光学18倍ズーム(35ミリ判換算で25~450mm)を搭載しています。

レンズ明るさはF3.8~F6.9。

SX600 HSの方は、焦点距離4.5~135.0mmの光学30倍ズーム(35ミリ判換算で25~750mm)と、さらに被写体を大きく写すことができます。

レンズ明るさはF3.2~F6.9。ボディーの厚さは34.8mm。

3.動画性能

フルHDの1920×1080ピクセルで撮影できますが、SX600 HSは30P(フレームレート)になり、SX700 HSは2倍のコマ数でより滑らかな60Pになります。

また、SX700 HSは回転軸補正なども加えた「5軸手ブレ補正」によってキレイな動画が写せます。

これらは画像処理エンジンに最新の「DIGIC6」が搭載されたことにより可能になりました。(SX600 HSはDIGIC4+)

4.背面の液晶モニター

どちらも固定式の3.0型TFTカラー液晶になりますが、SX700 HSは約92万ドット、SX600 HSは約46万ドットになります。

5.露出プログラムオート・撮影モード

用意されている「こだわりオート」の数は、SX700 HSが58シーンに対してSX600 HSは32シーン。

これに「マルチシーンIS」を掛け合わせるとパターン数はそれぞれ205と78になります。

こちらはキャノンの防水デジカメ「PowerShot D30」になります。

従来機PowerShot D20の発売から2年経ち、新型のD30に引き継がれますが、コンパクト機にしては商品サイクルが長いと言えます。

D20とD30の大きな違いはボディーのデザインと防水性能が高くなったことです。

canon PowerShot D30写真

PowerShot D30 に搭載されたイメージセンサーは、1/2.3型で約1200万画素の裏面照射型CMOSになります。

D20から変更はないのですが、同時期に発売されるSX600 HSなどより、やや画素数が少ないです。

レンズは焦点距離5.0~25.0mm(35ミリ判換算28~140mmの画角)の光学5倍ズームを搭載しています。

防水カメラという特質上、決して高倍率ズームではありませんが、不満を感じることは無いでしょう。

背面ディスプレーは、約46万ドットで3.0型のTFTカラー液晶が使われています。

一番の特徴は、防塵&耐衝撃性能もさることながら、世界最深の防水性能を謳っていて水深25m (D20では10m)まで撮影出来る点です。

-10°の環境下でも作動する耐寒性能も持ち合わせていますが、ボタンやスイッチ類も手袋をしたままで操作しやすいデザインになっています。

また、ホワイトバランスは、オートや蛍光灯など通常のデジカメに備わっているもの以外に「水中」がやはり加わっています。

PowerShot D30 もD20に引き続き、フルハイビジョン(1920×1080/24fps)で動画撮影が可能です。

静止画(写真)の記録画素数は、4000×3000画素の「ラージ」を筆頭に2816×2112画素の「ミドル1」等があります。

発売前なので画面比3:2や16:9に設定した際の画素数は不明ですが、4:3のラージモードがフル画素になると思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ