LUMIX GH4/AG-GH4 4K動画対応のミラーレス一眼

Panasonicは、世界初の4K動画撮影が可能なミラーレス一眼カメラLumix GH4を2月13日(2014年)から横浜で開かれるCP+(シーピープラス)2014に展示すると発表 しました。

デジタル一眼(ミラーレス) デジタル一眼(ミラーレス)機GH4

LUMIX GH4は、世界で初めて4K動画撮影が可能なミラーレス一眼として登場します。

4Kで撮影すると、フルHDの4倍もの解像度を持つ極めて高画質で臨場感が溢れる動画になります。

また、SDIやXLRの入出力端子を備えた業務用インターフェースとの組み合わせにより、映像製作におけるプロニーズにも対応しているとしています。

4KはMOVとMP4記録でされ、フルHDはMOVとMP4、AVCHDで記録されます。

4K/29.97p、4K/23.98p(3840×2160、100Mbps)。フルHD/59.94p(1920×1080、100Mbps)などで撮影が出来ます。

GH4はUHSスピードクラス3(U3)のSDカードに対応

30MB/秒(240Mbps)の最低書込速度を保証しているU3対応のSDカードがLUMIX GH4では利用できますのでので、4Kの他にAll-Intraなど100Mbps以上の高ビットレートの動画がスムーズに撮影できます。

さらに最大転送速度が90MB/sのUHS-I(ウルトラハイスピード)対応なので高速連写撮影やRAWデータでの撮影記録が負荷なく行えます。

もちろんSDカードに記録 されている写真画像や動画もパソコンへ高速転送できます。

12コマ/秒の高速連写で決定的瞬間も鮮明に記録

GH4は写真(静止画)撮影においても、新型イメージセンサー(4/3型で約1600万画素と新型画像処理ヴィーナスエンジンを搭載したことで、撮影感度や解像、そして階調や色再現などが向上し、より高品位な写真画質を実現しているそうです。

連写性能は、約1600万のフル画素撮影でAFS時に約12コマ/秒。AF追従時では約7コマ/秒(メカシャッター使用:従来GH3では約4.3コマ/秒)。 連写可能枚数はRAW撮影で約40枚、JPEGでは約100枚。

以上のように、高速SDカードに対応し、各処理スピードが向上&メモリー増量したことで大幅に性能が上がっています。

さらに、GH4はレンズのぼけ度合いから撮影距離を検出をする独自空間認識技術「DFDテクノロジー」を業界で初搭載したことでAFの速度と精度を向上しています。

EVFファインダーは、倍率0.67倍で約236万ドットの有機ELを、背面ディスプレーは、3.0型で約104万ドットのバリアングル静電タッチOLEDモニターを搭載。

AG-GH4U

動画機能を拡張する業務用インターフェースユニットAG-YAGHGを同梱した「AG-GH4U」も発表されました。

下記のような撮影性能(一部)になります。

◎MOV/MP4対応の100 Mbps (H.264、IPB方式)4K 動画記録モード搭載。

C4K(シネマ4K): 4096×2160、24.00p。

4K(QFHD): 3840×2160、23.98p/24.00p/25.00p/29.97p。

◎高画質フルHD 動画記録モード搭載。

MOV/MP4(All-Intra: 200 Mbps/IPB: 100 Mbps/50 Mbps)

1920×1080、23.98p/24.00p/25.00p/29.97p/50.00p/59.94p

AVCHD Progressive、AVCHD(最大28 Mbps)

1920×1080、23.98p/25.00p/50.00p/59.94p/50.00i/59.94i

こちらは、拡張インターフェースユニットを付けると、かなり大きくなることもあり、パーソナル向けというより本格的な放送業務用のシステムになります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ