フジFinePixの上級モデルFinePix F1000EXR

フジフィルムのデジカメFinePixで撮ったら写真プリントは、フジカラーデジカメプリントが相性も良くキレイに仕上がりお薦めです。
スマホSH-07E写真
富士フィルムから2月8日(2014年)に、像面位相差AFを採用したことで、クラス最速の0.05秒AFを達成したFinePix F1000EXR (ボディーはブラック、レッド、ゴールド、ホワイトの4色展開)が発売されます。

同時に起動時間が1.1秒、シャッタータイムラグ0.01秒などの高速動作で、シャープで気持ちよい使用感が得られるとしています。

○EXR CMOS IIセンサーとEXR プロセッサーIIを搭載

撮像素子には約1600万画素で富士フィルム独自のEXR CMOS IIセンサーが、画像処理エンジンにはEXR プロセッサーIIが採用されています。

レンズには焦点距離が4.6~92.0mm(35ミリ判換算で25~500mm相当の画角)にもなる光学20倍ズームを搭載しています。(明るさはF3.5~5.3)

光学20倍と併用して最大約40倍になる超解像ズーム機能も内蔵しています。

ここまで高倍率にする必要があるのか疑問ですが、スマホとの棲み分けにどのカメラメーカーも苦労しているようです。

ズーム撮影時に、また明るさが不足している時に起こりやすい手ブレですが、F1000EXRは光学式手ブレ補正機能搭載で、これを低減しています。

撮影感度は、AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200と、画素数を落とすことでISO6400/12800の高感度撮影も可能です。

背面ディスプレーは3.0型で92万ドット液晶が搭載されていますが、FinePixシリーズの上級機だけあって、高画素なものが使われています。

「プレミアムEXR AUTO」と「アドバンストフィルター」

撮影機能では、「プレミアムEXR AUTO」が内臓されていて、108パターンの中からシーンに合わせた撮影条件をカメラが自動設定します。

あらゆるシーンにおいて誰でも簡単に超高画質な画像が撮影できます。

プレミアムEXR AUTO以外にも、高解像度優先/高感度低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先の「EXRモード」がFinePix F1000EXRには内臓されていてキレイな写真を撮ることをアシストしています。

そして、「ハイスピード動画」(120/240/480フレーム/秒)、「アドバンストフィルター」(トイカメラ/ミニチュア/ポップカラー/ハイキー/ローキー/ダイナミックトーン/ソフトフォーカス/パートカラー[レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/ブルー/パープル)、「高感度2枚撮り(フラッシュあり・なしを同時に撮影)」、「ぐるっとパノラマ360」、

「ぼかしコントロール」、「連写重ね撮り」、「多重露出」、「フィルムシミュレーション(モノクロやセピアの他に、富士フィルムが発売しているポジフィルムの色合いや階調などを再現)」、「フレーミングガイド」、「パフォーマンス」、「コマN0.メモリー」、「インテリジェントブレ防止」、「日付書き込み」、「モニター晴天モード」、「動画シーン認識」と、使えきれないほど多彩です。

アートのような写真表現を楽しめる「アドバンストフィルター」も充実しています。

「ポップカラー」、「ハイキー」、「ローキー」、「ダイナミックトーン」、「ソフトフォーカス」、「トイカメラ」、「ミニチュア」、「パートカラー」の8種類が用意されています。

スマホやタブレットとのワイヤレス機能

集合写真撮影に便利な「リモート撮影」機能を搭載ししていますが、これはスマートフォンやタブレット端末の画面を見ながら離れたところからでも撮影操作ができるものです。

そしてFinePix F1000EXR からスマートフォンやタブレット端末にワンタッチで写真や動画を転送することができる「スマートフォン送信」機能もあります。

動画撮影機能

ファイル形式:MOV。圧縮方式:H.264準拠。音声記録:リニアPCM ステレオ。

フルハイビジョンで60コマ/秒の高画質な動画撮影ができるだけでなく、動画撮影中に光学ズームの操作や、静止画撮影も可能です。

「顔追尾AF」機能によって、動いている人物が被写体の場合でも絶えず顔にピントを合わせ続けます。

6種類のシーン認識(風景・マクロ・夜景・人物・逆光人物・夜景人物)機能により、FinePix F1000EXR がシーンに合わせた撮影条件を自動設定するので、さまざまな場面で簡単に高画質な動画を撮影できます。

EXR CMOS IIセンサーを搭載したことでF1000EXRは、動画撮影の際のAF追従速度を従来比30%高速化するとともに、手ブレを従来の約半分に抑えることが出来たとしています。

カメラを左右へパンニングしながら撮影しても、なめらかな動画撮影が行えます。

また、静止画(写真)だけでなく動画でも、撮像面位相差AFとコントラストAFをシーンに応じて自動で切り替えるため、高速かつ高精度なAFを実現しています。

写真(静止画)記録画素数

Lモード Mモード Sモード
画面比4:3 4608×3456ピクセル 3264×2448ピクセル 2304×1728ピクセル
3:2 4608×3072ピクセル 3264×2176ピクセル 2304×1536ピクセル
16:9 4608×2592ピクセル 3264×1840ピクセル 1920×1080ピクセル
1:1 3456×3456ピクセル 2432×2432ピクセル 1728×1728ピクセル

デジカメプリントは、画面比(4:3、3:2、16:9)に合った写真プリントを高品質&激安、そしてフジカラー純正仕上げで承っている当ネットサービスをご利用下さい。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ