α6000(ILCE-6000) SONYのEマウント一眼

SONYは、NEX-6、NEX-7の後継機となるミラーレス機「α6000」を発表しました。

先だってのα5000に続き、これでNEXの名が消えることになります。

SONYミラーレス一眼カメラα6000

α6000は、撮像素子にAPS-Cサイズの新開発された約2400万画素Exmor(エクスモア)CMOSセンサーを、画像処理エンジンは新型「BIONZ X」を搭載しています。

連写性能はAF追従で毎秒11コマ。新技術を詰め込んだ像面位相差AFによる超高速&高精度なAFを実現しています。

(位相差検出方式とコントラスト検出方式を組み合わせたファストハイブリッドAF。

測距点は、位相差検出方式が179点、コントラスト検出方式が25点。)

背面ディスプレーは、3.0型ワイドの約92万ドット液晶で、ローアングル・ハイアングルでの撮影時に便利なように上方向に90°下方向に45°動かせるようになっています。

α6000は、NEX-7の後継機として、α5000の上位機種として位置づけられていることがスペック表を見てみるとよく分かります。

大まかな各機種の仕様を比較してみました。↓

機種名 α6000 α5000 NEX-7
有効画素数 約2430万画素 約2010万画素 約2430万画素
写真記録画素数(最大) Lサイズ: 6000×4000 Lサイズ: 5456×3632 Lサイズ: 6000×4000
動画(ファイル方式) AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4 AVCHD/MP4
動画(圧縮方式) AVCHD: MPEG-4 AVC/H.264MP4: MPEG-4 AVC/H.264 AVCHD規格 Ver.2.0準拠/MPEG-4 AVC (H.264)
マルチショットNR オート/ISO100~51200
AF(検出方式) ファストハイブリッドAF(位相差検出/コントラスト検出) コントラスト検出方式
AF(検出素子) “Exmor” APS HD CMOS センサー
AF(測距点数) 179点(位相差検出)/25点(コントラスト検出) 25点(コントラスト検出方式) 25点
フォーカスエリア ワイド(179点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式))/ゾーン/中央重点/フレキシブルスポット(S/M/L) ワイド(25点(コントラスト検出方式))/ゾーン/中央重点/フレキシブルスポット(S/M/L) マルチポイント(25点)/中央重点/フレキシブルスポット
測光モード マルチ測光、スポット測光、中央重点測光
露出モード おまかせオート、プレミアムおまかせオート、プログラムAE(P)、絞り優先AE(A)、シャッタースピード優先AE(S)、マニュアル(M)モード、動画(プログラムオート、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル露出)、スイングパノラマ、シーンセレクション iAUTO、プログラムAE(P)、絞り優先AE(A)、シャッタースピード優先AE(S)、マニュアル(M)モード、スイングパノラマ、3Dスイングパノラマ、人物ブレ軽減、シーンセレクション
背面モニター 7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動 3.0型ワイド TFT駆動 (エクストラファイン液晶、トゥルーブラックディスプレイ)
モニターの角度調整 カメラ背面に対して上約90°,下約45° カメラ背面に対して上約180度 8カメラ背面に対して上約90度,下約45度
液晶ドット数 921,600ドット 460,800ドット 921,600ドット
ピント確認機能 MFアシスト (5.9x,11.7x) MFアシスト (6.8x,13.6x) MFアシスト (5.9x,11.7x)
EVF 1.0cm(0.39型) 電子式ビューファインダー 1.3cm(0.5型)電子式ビューファインダー
EVFドット数 1,440,000ドット 2,359,296ドット
EVF明るさ調節 オート、マニュアル(5段階) 自動明るさ調整、または3段階の手動設定
ファインダー倍率 約1.07倍(50mmレンズ、無限遠、視度-1m-1 時) 約1.09倍(50mmレンズ、無限遠、視度-1m-1 時)
シャッター 電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター速度 静止画撮影時:1/4000-30秒、バルブ、動画撮影時:1/4000-1/4(1/3ステップ)、AUTO 1/60まで、オートスローシャッター1/30まで 静止画撮影時:1/4000-30秒(1/3段ステップ) 、バルブ動画撮影時:1/4000-1/4秒、AUTO時は1/60秒まで (1/3段ステップ)
連続撮影速度 Hi時:最高約11コマ/秒、Mid時:最高約6コマ/秒 、Lo時:最高約2.5コマ/秒 最高約2.5コマ/秒、速度優先連続撮影時 最高約3.5コマ/秒 速度優先連続撮影時 最高約10コマ/秒、通常連続撮影時 最高約3コマ/秒(AF-S時)
連続撮影可能枚数 JPEG Lサイズ ファイン: 49枚
JPEG Lサイズ スタンダード: 49枚
RAW: 21枚
RAW+JPEG: 21枚
連続撮影:JPEG Lサイズ ファイン:27枚
速度優先連続撮影:JPEG Lサイズファイン:15枚、連続撮影:JPEG Lサイズ スタンダード:68枚
速度優先連続撮影:JPEG Lサイズスタンダード:32枚、連続撮影:RAW:5枚
速度優先連続撮影:RAW:5枚、連続撮影:RAW+JPEG Lサイズ:5枚
速度優先連続撮影:RAW+JPEG Lサイズ:5枚
JPEG Lサイズ ファイン:17枚、JPEG Lサイズ スタンダード:18枚、RAW:13枚、RAW+JPEG:11枚

α5000もそうなのですが、ミノルタが売っていた一眼レフ(フィルムカメラ)と同じ名前です。

もはや混乱することはないのでしょうが、特に大ベストセラー機で一世を風靡しましたα7000は“永久欠番”のような気がしていてミノルタのだけにして欲しいのですが、時代の流れで止むを得ない事なのでしょう(^-^)。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ