ニコンCOOLPIX S3600とCOOLPIX S6800

Nikonから来月(2014年2月)に発売されるコンパクトデジタルカメラが、この「COOLPIX S3600」と、「COOLPIX S6800」です。

NikonデジカメCOOLPIX S3600  NikonコンパクトデジカメCOOLPIX S6800

S3600は、見本写真(左側)のアザレアピンクの他、クリスタルシルバーと、コバルトブルーの3色のボディーカラーが用意されています。

S6800は、見本写真(右側)のラズベリーレッドの他に、パールピンク、ナチュラルホワイトがあります。

COOLPIX S3600は、有効2005万画素(1/2.3型)CCDセンサーと、レンズは焦点距離が4.5~36.0mm(F3.7~6.6)の光学8倍ズーム(35ミリ判換算で25~200mmに相当)を搭載し、さらに最大4倍の電子ズームで約800mm(35ミリ判換算値)までの望遠撮影が可能となっています。

背面ディスプレーは、約23万ドットの2.7型のTFT液晶で、5段階に切り替わる輝度調節機能が備わっています。

また 反射防止コート付きで何時でも画面が見やすく出来ています。

動画は、1280×720/60i(AVI記録)。

COOLPIX S6800は、有効1602万画素(1/2.3型)裏面照射型CMOSが採用されていますが、S3600より上位機種ながら画素数が抑えられています。

レンズは焦点距離が4.5~54.0mm(F3.3~6.3)の光学12倍ズーム(35ミリ判換算で25~300mmに相当)を搭載し、さらに最大4倍の電子ズームで約1200mm(35ミリ判換算値)までの望遠撮影に対応し、こちらはs3600より高倍率で、僅かですが明るい(F値の小さい)レンズが採用されています。

背面ディスプレーは、5段階に切り替わる輝度調節機能が備わっているのと、反射防止コート付きなのは同じですが、S6800は上位機種らしく、より大きくて高精細な約46万ドットの3型のTFT液晶が使われています。

動画は、1920×1080/60i(MOV記録)。

2つのデジカメに共通の特徴

S3600とS6800共に、歩きながらの動画撮影時に威力を発揮する「レンズシフト

方式手ブレ補正」(水平回転、縦回転のブレに対応)と、「電子式手ブレ補正」(左右、

上下のブレに対応)を併用して補正する4軸ハイブリッド手ブレ補正(VR)を内臓しています。

写真を撮る前、そして撮った後にも写真画像をお好みに編集・加工できるスペシャルエフェクト機能ですが、「ソフト」「ハイキー」「ローキー」「ノスタルジックセピア」「硬調モノクローム」「セレクトカラー」「ポップ」「極彩色」「絵画調」「トイカメラ風1」「トイカメラ風2」「クロスプロセス(4色)」の12種類が用意されています。

※S6800は「ミラー」も加わり13種あります。

その他、32種類のクイックエフェクト機能もありますし、美肌美白クマ軽減など、12種類のメイクアップ効果機能も内蔵しています。

静止画(写真)撮影は、画素数の他にアスペクト比が4:3や、16:9と1:1に切り替えられます。

デジカメプリントは16:9の写真でしたらHVサイズが最適です。

1:1に合ったプリントサイズは取り扱っていませんが、DSCサイズが一番画面切れが少なく仕上がります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ