α5000 Sonyのミラーレス一眼カメラ

Sonyから、2月7日(2014年)に世界最小最軽量ボディーを実現したレンズ交換式ミラーレス/デジタル一眼カメラ「α5000」(ILCE-5000)が発売されます。ボディーカラーは4色の中から選べます。

注:世界最小最軽量なのは、APS-Cサイズセンサー機の中で、2014年1月現在。

先だって発売されたα7/Rと同様、NEXではなくα5000と名付けられました。

SONYのデジタル一眼カメラは「α」に一本化されていき、NEXは姿を消します。

NX30デジタル一眼(ミラーレス)

NEX-3Nの後継機種の様ですが、”3000”等、「3」は付いていません。

海外で展開しているα3000が既に有るからでしょうか?

「α5000」(ILCE-5000)には、有効約2010万画素のExmor APS HD CMOSイメージセンサーと、Eマウントの最上位機種であるα7/α7Rに採用された新型の画像処理エンジンBIONZ Xが搭載されています。

静止画(写真)や動画の処理速度が従来に約3倍にまで高速化されただけでなく、ノイズの低減、そして解像感がさらに高まり、質感描写力もアップしているとのことです。

BIONZ Xが採用されたことで、自然な質感を再現する『①ディテールリプロダクション技術』や、F値を大きくして(絞り込みを行った)撮影しても解像度が低下しない『②回折低減処理』、そして夜間や屋内など暗い場所での撮影時も高い解像感を保ちつつノイズの発生を抑制する『③エリア分割ノイズリダクション』などの高画質化処理を実現しています。

世界最小ボディーながら、例えば従来機NEX-5が外付けストロボであったのに対し、α5000は内臓型で使用時にポップアップします。

背面ディスプレイ(3型で約46万ドット)は上方に180度まで開くため、自分撮りも簡単です。

WiFi、NFC機能によりスマートフォンとの連携も充実しています。α5000で撮影した写真や動画をスマホに転送することや、カメラのリモコン(離れたところからスマホでシャッターが押せる)として使うことができます。

動画のファイル形式はAVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4。フルHD(1920×1080/60i )等で記録できます。

写真(静止画)は、アスペクト比3:2の場合はフル画素である5456×3632の「Lサイズ」をはじめ、「Mサイズ(10M)」、「Sサイズ(5M)」が選択できます。

アスペクト比16:9は、 5456×3064の「Lサイズ(17M)」等から設定出来ます。

α5000/ILCE-5000 からのデジカメプリントは、Lサイズでも宜しいのですが画面比3:2とほぼ同じ写真サイズに仕上がるWLサイズ、または一回り大きなハガキ大のKGサイズですと画面切れが少なく仕上がります。

また、6PWサイズ(203×305㍉)もお薦めです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ