Df | Nikon銀塩一眼レフスタイルのDf

ニコンDf等のデジタル一眼レフカメラで撮影した写真からのデジカメプリントは、一回り大きくて画面切れも少なく一眼レフの高画質が活きるKGサイズ(152×102㍉)がおすすめです。


nikonのFXフォーマットデジタル一眼レフDF nikonデジタル一眼レフDF

ニコンから、新しくデジタル一眼レフカメラが2013年11月28日に発売されるそうです。

最近、ミドルクラスのD5300と、FXフォーマットにおD610がNikon一眼レフの商品ラインアップに加わったばかりですが、さらにもう一機種が販売されることになりました。

コンパクトデジカメなら新機種登場の時期に数種類発表されるのは普段通りですが、一眼レフカメラとなると異例です。

その新型一眼レフカメラですが、『Df』と名付けられて、FXフォーマット(35ミリフルサイズセンサー搭載機)のカメラとなり、最高峰のD4と同じ約1600万画素の撮像素子を搭載しています。

FXフォーマットではD4、D800/e、D600/610 に続き4タイプ目になりますが、「Df」と、その名が示すとおり、Dの後に数字が来るわけでもなく、単純にこのヒエラルキーの中に入らない独自の存在感があるプレミアムなカメラになります。

それを象徴するかのような外観で、往年の銀塩(フィルム)一眼レフカメラをイメージさせるクラシカルなデザインをしています。

Nikon Dfは最高峰カメラD4と同じイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載することで、最高の画質と高感度撮影(最高でISO204800)を実現しています。

ニコンのMF一眼レフを思わせるボディーは、高い堅牢性と高耐久性を実現するため上面と背面カバー、そして底面にマグネシウム合金を採用しています。

その上、ボディー各所にシーリングを施して、ほぼD800と同じ防塵防滴性能も備えています。

一方、光学ファインダーやシャッターユニットなどメカの部分はD610のものを流用している感じです。

Dfの静止画(写真)記録画素数は、FX時にはフル画素の4928×3280(L)をはじめ、3696×2456(M)や、2464×1640(S)が選択できます。

DX(APS-Cサイズ相当)設定時には、3200×2128(L)、2400×1592(M)、1600×1064(S)が選べます。

Dfからのデジカメプリントは写真比率が殆ど3:2のWLサイズ、そしてKGサイズなら画面切れの少ない仕上りになります。また大伸ばしプリントも6Pw(203×305㍉)は縦横比率が撮影画像をほぼ一致していていますので画像のケラレが殆ど有りません。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ