α7/α7R | SONYのフルサイズミラーレスα7とα7R

ソニーαで撮影した写真からのプリントは、現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントが最適です。35ミリフルサイズセンサー(36×24㍉)と同じ3:2の画面比率に近いサイズで仕上がり画面切れが少ないのでWLやKG判、さらに6PW(305×203㍉)がお薦めです。


ソニーから、デジタル一眼カメラαシリーズの新機種α7、そしてα7Rが来月の2013年11月15日に発売されます。
ソニーのデジタル一眼カメラ(ミラーレス機)α7/α7R

α7(α7R)と聞けば、トランスルーセントテクノロジーを採用した”スピード一眼”α77の後継機種かと思いましたが、その中身は大きく違っていて広く一眼カメラユーザーを驚かせています。

先ず、α7とα7Rは、トランスルーセントミラーを省いたNEXと同じ形式のミラーレス機になります。

これにより、従来の”α”より格段にボディーサイズ、特に厚さが約半分になりました。

重量も随分と軽くなっています。

カメラボディーの大きさと重さは、126.9×94.4×48.2mm、407g(α7R)、416g(α7)。

さらにα7/α7Rは、Aマウントではなく、NEX用に開発されたEマウントを採用しているのと、ミラーレス機として初となる35mmフルサイズセンサーを搭載しています。

最上位のα99のように、Aマウントの大きさがあるからフルサイズセンサーが搭載可能だったと思っていたのですが、より小さなEマウントで実現できるとは衝撃です。

35mmフルサイズのイメージセンサーは「α7R」が3640万画素のローパスレスのCMOSセンサーが、「α7」は像面位相差AF対応の2430万画素のCMOSセンサーが搭載されています。

画像処理エンジンも新開発された「BIONZ X」を搭載し、大幅に処理速度を向上させています。

背面ディスプレーは3.0型で約92万ドットのチルト式タッチ液晶が採用されています。

EVFはXGA(1024×768ピクセル)の有機ELを搭載。

α7とα7Rとの違いは、画素数とローパスフィルターの有無、そして下記のようにAFの仕様に差があります。

α7 α7R
検出方式 ファストハイブリッドAF
(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
ファストインテリジェントAF
(コントラスト検出方式)
測距点数 35mmフルサイズ時:117点(位相差検出方式)/
25点(コントラスト検出方式)
25点(コントラスト検出方式)

 

α7の発売を機に今後は、NEXブランドは無くなりαに統合されていくという噂もあります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ