FUJIFILM X-A1とX-E2 レンズ交換式プレミアムカメラ

FUJIFILMのデジカメで写した写真からのプリントは、同じ富士フィルム製のデジタルミニラボ「フロンティア」で現像して仕上げる銀塩方式のフジカラープリントが最適です。さらに当ネットサービスは一般的なLサイズのみならず、3:2画面比率の画像から最適なWLサイズ、一回り大きなKGサイズも好評受付中です。


エントリーモデル X-A1

FUJIFILMのAPS-Cサイズミラーレス機のエントリーモデルX-A1
フジフィルムは、APS-Cサイズセンサーを搭載したレンズ交換式ミラーレスデジタル一眼(同社では”レンズ交換式プレミアムカメラ”と呼んでいます)Xシリーズの新製品、「FUJIFILM X-A1」が来月(2013年11月23日)発売されます。

X-A1は、富士フィルムが自社開発したX-Trans CMOSセンサーを撮像素子には使わず、一般的なベイヤー配列のCMOSセンサーを搭載しているのが特徴です。

エントリーモデルとして位置づけられているX-A1ですが、画像処理エンジンには従来の2倍の処理速度を誇る「EXRプロセッサーⅡ」を搭載したことで、起動時間が約0.5秒、シャッタータイムラグ約0.05秒、5.6コマ/秒(連続30コマ)の高速連写を実現していると同時に、
写真フィルムの開発で培った画質設計技術を活かして、温かみを感じる人肌、気持ちよくスカッと抜けるような空の青色、そして鮮やかな夕やけの赤色など、美しい色再現を実現したとしています。

大型センサーならではの浅い被写界深度の特徴をいかして絞り開放付近で写すことでポートレートなどで、人物が引き立つ美しいボケ味の写真が得られます。

背面のディスプレーは、ローアングルからハイアングルでの撮影に無くてはならないチルト式液晶モニター(3.0型で約92万ドット)を搭載しています。

WiFi機能を搭載し、スマートフォンとの連携もOKです。


ミドルクラスのX-E2

こちらは2013年11月9日に発売されます。
FUJIFILMのAPS-Cサイズミラーレス機X-E2
FUJIFILM X-E2は、APS-Cサイズ約1600万画素でローパスフィルターレスの「X-Trans CMOS Ⅱ」センサーと、レンズの光学性能/特性を元に最適なデジタル画像処理を行う富士フィルム独自の「点像復元処理」によって、高いシャープネスとリアルな立体感を実現していると謳っていますが、これらの技術により写真画質は、35ミリフルサイズ機に匹敵するそうです。

X-E2には、約236万ドットと高精細な「有機EL電子ビューファインダー」が搭載されています。

視野率は100%で、自然で見やすい、明るく広い視野が得られるのですが、高い解像力のおかげで正確なフレーミングとピント確認が行えます。

背面ディスプレーは、3.0型で約104万ドット液晶を搭載しています。

X-E2の動画性能は、フルハイビジョン(1920×1080)対応ですが、60コマ/秒で撮影可能です。(X-A1は30コマ/秒。)

X-E2に採用された画像処理エンジンは、X-A1と同じ「EXRプロセッサーII」。

X-E2も起動時間が0.5秒、シャッタータイムラグ0.05秒、撮影間隔0.5秒と機敏に作動し快適に使えます。

さらにSDカードへのデータ書き込みも従来比1.8倍とスピードアップしています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ