D610 | 24Mフルサイズ一眼レフのD610

ニコンD610等、デジタル一眼レフカメラで撮影したら写真出力はお任せ下さい。当ネットサービスは一回り大きくて一眼レフの高画質が活きるKGサイズ(152×102㍉)なども格安でご提供しています。さらに画像比の縦横比3:2にジャストフィットの大伸ばし6PWサイズ(305×203㍉)もお薦めです。


nikonのフルサイズデジタル一眼レフD610

ニコンから、35ミリフルサイズセンサー(約2400万画素)を搭載したデジタル一眼レフカメラ「D610」が来月(2013年10月19日)発売されるそうです。

D610は、プロ使用の高級機といったイメージが強かった35ミリフルサイズ機を、いくらかではありますが身近な存在にしたD600の後継機種になります。

APS-Cサイズセンサーを搭載した一眼レフ(ニコンではDXフォーマットと呼んでいます)に比べても、35ミリフルサイズ機(ニコンではFXフォーマット)は大きくボケるため、写真作品の表現域が広いです。

同じ約2400万画素のAPS-Cサイズセンサー機に比べ、1画素当たりの大きさ (≒画素ピッチ)に余裕があるため、より階調豊かでダイナミックレンジの広い、 そして高感度撮影でも高い性能を発揮します。(常用ISO100~6400で、拡張ISO50~25600まで。)

画像処理エンジンには、D610の上位機種であるフルサイズ一眼レフのD4やD800と同じ EXPEED 3 が搭載され、素早い各動作と、ホワイトバランス機能の進化によって様々な撮影シーンにおいて従来より自然な色再現を実現し、極めて高画質な写真を何時でも確実に写す事が出来ます。

ファインダーは、高級機らしくコストをかけてガラスペンタプリズムを使用して見えの良さも追及しています。

そして視野率も約100%を達成しています。

背面ディスプレーは、約92万ドット(VGA)の3.2型低温ポリシリコンTFT液晶になります。

明るさ調整が可能で、照度センサーによる液晶モニター自動明るさ調整機能付きです。(視野角約170°、視野率約100%。)

NikonD610の静止画(写真)撮影画素数は、Lの6016×4016画素、Mの4512×3008画素、Sの3008×2008画素となっている他、DXモードも設けられていて、3936×2624、2944×1968、1968×1312画素でも撮影記録可能です。

画像の縦横比は何れも3:2になり、デジカメプリントにするならKGサイズ若しくは WLサイズ、大伸ばしなら6PWサイズが画面切れが最小限に抑えられます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ