D5300 | Nikon初のWiFi&GPS内臓一眼レフD5300

ニコンD5300等、デジタル一眼レフカメラで撮影した写真のプリントは、、一回り大きくて一眼レフの高画質が活きるKGサイズ(152×102㍉)が画面切れも少なくておすすめです。


nikonのDXフォーマットデジタル一眼レフD5300

ニコンから、DXフォーマット(APS-Cサイズセンサー機)のデジタル一眼レフ機「D5300」が発表されました。

発売は2013年11月中旬の予定です。

ボディーは、 ブラック、レッド、そして新たに加わったグレーの3色展開。

D5300は、撮影画素数は約2400万画素で従来機D5200と同じですが、画像処理エンジンが最新の EXPEED4 に変更されています。

これによりフル画素で約5コマ/秒の連写を可能にした等の高速処理のほか、ホワイトバランスや色再現性能が向上し、高感度撮影時でもより一層ノイズの少ない高画質な写真が写せます。

EXPEED4 は、35ミリフルサイズセンサーを搭載したD4やD800などの高級機種に使われているEXPEED3より高性能なものになりますが、D5300 に搭載されたことで、動画性能もアップしていてフルハイビジョンの1920×1080ピクセルで60pを実現しています。

また、ニコンからはD800E等、ローパスフィルターの無い機種は既に発売されていますが、DXフォーマットの中級~エントリークラスの一眼レフで初めてローパスレス仕様のカメラとしてD5300は発売されます。

色モアレや偽色の発生を抑制する技術が確立したのでしょうか?解像度を落とすローパスフィルターを省いたカメラが増えてきています。

D5300はニコンで初めて無線LAN(Wi-Fi対応)を内蔵したデジタル一眼レフ機になり、スマホ・タブレット向けのアプリ「Wireless Mobile Utility」を使うことで、画像の転送の他に、リモコン操作などもスマホ側で行うことも出来ます。

A-GPS・ログ取得機能を内臓していて撮影画像の位置情報を記録できたり、付属のソフト「ViewNX 2」の地図機能を使うと、地図上に撮影場所を表示させることも可能です。

また撮影地点だけでなく移動したルートも地図上に表示させることもできます。

D5300の背面ディスプレーは、3.2型で104万ドットのバリアングル液晶を採用。

ライブビュー撮影時には、「シングルAFサーボ」に加えて、動く被写体に対し自動的にピントを合わせ続ける「常時AFサーボ」を備えてマニュアルと併せると3種類のフォーカスモードで写真撮影が行えます。

光学ファインダーは、視野率約95%のペンタミラー採用となっていて、この点はコスト優先で仕上げた感が否めません。

D5300の写真記録画素数は、6000×4000ピクセル、4496×3000ピクセル、2992×2000ピクセルに切り替えることができますが、アスペクト比は何れも3:2になります。

D5300からのデジカメプリントは、WLサイズやKGサイズなら縦横比率がほぼ3:2ですので画面切れが少なく仕上がります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ