Cyber-shot QX10とQX100 スマホが高性能デジカメに

ソニーのスマホ・デジカメdsc-qx10 ソニーのスマホ・デジカメdsc-qx100

ソニーからスマートフォンとWiFi接続して本格的な撮影ができる『レンズスタイルカメラ』のCyber-shot QXシリーズの2種を発表しました。発売は2013/10/25日の予定です。

撮影や基本操作は、スマートフォンのアプリから行う新たなスタイルを提案したデジカメとして注目されています。

撮影した写真や動画は、WiFiでスマホに自動転送し保存されます。

Cyber-shot QX10/QX100本体は、レンズと撮像素子にバッテリー、そして処理回路から成っていますが、シャッターボタンやメモリーカードスロットも設けられていていますので単体で撮影することもできます。

QX10」は、1/2.3型で約1800万画素のExmor R CMOS を撮像素子に採用し、レンズは焦点距離が4.45~44.5mmの光学10倍ズームで、画角は35ミリ判に換算すると25~250mmになります。

主だった仕様をみるとCyber-shot WX200 と同等の性能になります。

大きさは62.4×61.8×33.3mm。

QX100」は、アスペクト比が3:2の1.0型で約2000万画素Exmor R CMOS を撮像素子に採用した高級仕様の製品になります。

レンズは焦点距離が10.4~37.1mm(35ミリ判換算で28~100mmの画角)の光学約3.5倍ズームになりますが、本格的な7枚羽根の円形絞りでボケ味に拘る上級者にも納得できるスペックです。

QX100は、主だった仕様をみるとCyber-shot RX100II と同等の性能になります。大きさは62.5×62.5×55.5mm。

ただ、QX10、QX100共に、スマホ向けと言うこともあり動画撮影性能は、MP4で1440×1080(30p)とフルHDでは撮影出来ないようです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ