バリアングル液晶採用のコンデジCOOLPIX S6600

ニコンCOOLPIX S6600で撮影した画像は、デジタルミニラボ「フロンティア」で出力されるフジカラーデジカメプリントで残しましょう。また、注文ソフトPhoto-staで写真のトリミングも自在に行えます。


ニコンCOOLPIX S6600

ニコンはバリアングル液晶モニター(2.7型)を採用し、自分撮りの他にローアングルやハイアングルまで色んなアングルでの撮影が容易に行えるコンデジの新製品COOLPIX S6600 を2013年8月(29日)に発売するそうです。

有効画素数は約1600万画素で、高感度撮影でも低ノイズな高画質な写真が写せる裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。

また、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能、レンズ前約2cmまでのマクロ撮影が可能な光学12倍(35㍉判換算で25~300mmに相当する画角)ズームのNIKKORレンズを採用しています。

最大4倍の電子ズームもあり光学ズームと併用することで最大約1200mm(35㍉判換算で)の超望遠の写真撮影もOKです。

そしてCOOLPIX S6600も最近のデジカメらしく、Wi-Fiを内蔵していて、スマホやタブレット端末などへ簡単に撮影した画像を転送することも出来ます。

大きさと重さはそれぞれ、約96.9×57.1×27.2mm、重さ約165g。

ボディーカラーは、ナチュラルホワイト、スマートブラック、ラズベリーレッド、そしてシルキーピンクの4種類が用意されています。

COOLPIX S6600には新しく「ジェスチャー操作」機能も搭載されています。

これはバリアングル液晶モニターを自分側に向けた状態にしておいて、自分の手をカメラに認識させた後、画面四隅に表示されるアイコンに向かって手を動かすだけで、離れたところからでも静止画(写真)や動画を撮影出来たりズーム操作も行えます。

COOLPIX S6600の静止画(写真)撮影画素数は、フル画素の16M「4608×3456」を筆頭に8M「3264×2448」、 4M「2272×1704」などが選択できます。

ネットプリントは、アスペクト比が4:3なのでDSCサイズなら画面切れが少なく仕上がりますが、Lサイズや、一回り大きく迫力があるKGサイズもお薦めです。

また、16:9「4608×2592」に切り替えることもできますが、16:9画像からのデジカメプリントはHVサイズが最適です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ