EOS 70DはデュアルピクセルCMOS AF

EOS 70Dで撮影したら、フジカラープリントで残してください。想い出が色褪せません。L~4PWまで多彩なサイズをラインアップしています。


canonデジタル一眼レフEOS 70D
キャノンはデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発表いたしました。EOSシリーズでAPS-Cサイズセンサー搭載機のミドルレンジである2桁シリーズの新製品になります。

画素数は従来機EOS60Dの約1800万画素より多くなり約2000万画素になっていますが、下位機種のEOS Kiss が高性能化されているなか、EOS 70Dが上位機種であるためにカメラの様々な部分が進化しています。(画像処理エンジンはDIGIC 5+を搭載。)

光学ファインダーはコストのかかるガラスペンタを採用しています。視野率約98%、倍率約0.95倍、アイポイント22mm。

シャッターユニットも新開発されたものを搭載しています。シャッター速度は最高1/8000秒、シンクロ1/250秒と高速化されています。シャッターの耐久性10万回を達成。

高級機を思わせるミラーチャージとシャッターチャージに個別のモーターを採用。静音化と低振動化を実現しています。

連写性能はAF追従で7コマ/秒。連続撮影枚数はJPEGで約40枚、RAWで約15枚、RAW+JPEGで約8枚。

最高撮影感度はISO12800(拡張時ISO25600)。

EOS70DもWiFi機能が内臓されていますのでカメラの遠隔操作も行えます。

像面位相差AFは、従来は撮像用の画素とは別に測距用の画素が設けられていました。
そんなに影響は無い様に作られていたのですが、厳密には画質の低下に繋がるものでした。(いくつかの画素が測距のために有り撮像用に使われないため。)

デュアルピクセルCMOS AF

その短所を解決したのがEOS70D に採用されたデュアルピクセルCMOS です。

これは画素毎に2つのフォトダイオードがあり、別個の信号で位相差AFを実現しつつ、撮影時には、両方の信号から画像を生成する構造になっているとの事です。

その他、通常の従来の一眼レフとしてのAFは19点全点クロスセンサーを採用しています。ライブビュー撮影でのデュアルピクセルCMOS AFは最初の1コマのみの測距になりますので、万能と言うわけでありません。

また、この機能を充分に発揮させるにはSTMレンズを使用した方が良いようです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ