ローパスフィルターレスのFUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-M1で撮影した画像のプリントは、フジカラー現像仕上げの“ほんもの写真”が最適で、特にキレイな色になります。


FUJIFILMのミラーレスカメラ(デジタル一眼)X-M1
富士フイルムは、世界中で高い評価を受けているミラーレス・レンズ交換式プレミアムカメラFUJIFILM X-Pro1、X-E1のクラシックデザインと高画質を踏襲し、さらに、より多くのユーザー向けの機種としてFUJIFILM X-M1が7月27日(2013年)に発売されます。

OLYMPUS PEN 等のように、EVFを省いて小型軽量化を行ったと同時にお手ごろな価格設定で発売されるミラーレスのXシリーズとして初のエントリーモデルになります。

3.0型で約92万ドットの液晶モニターは上下に角度を調節できるチルト式を採用しています。画面比は撮影画像と同じ3:2。

X-M1に使われる撮像素子は、約1600万画素でAPS-CサイズのX-TransCMOSセンサーで、ローパスフィルターレスでもモアレヤ偽色が発生が抑えられています。

解像度を犠牲にするローパスフィルターを無くしたことで、富士フィルムでは、X-M1は、35ミリフルサイズセンサー搭載機に匹敵する高画質を実現したと謳っています。

また、これまでは単焦点レンズのラインアップが多かったのですが、X-M1にあわせて新しく標準ズームとして「XC16~50mmF3.5~5.6」が用意されています。

その他、超薄型デザインの「XF27mmF2.8」も発表されました。

「Xシリーズ」で初となる、撮影画像をスマートフォンやタブレット端末に無線LAN通信で簡単に送信できる「スマートフォン送信」機能を搭載しています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ