1.0型裏面照射型CMOS搭載のDSC-RX100 II(M2)

DSC-RX100 IIで撮影した写真画像は、フロンティアで現像して仕上げるフジカラープリントが最適です。普通サイズから大伸ばしまで、ネットでカンタンに注文できます。

DSC-RX100 II
ニコンのCXフォーマット機と同じ1.0型のイメージセンサーを搭載したSONYの高級コンパクトデジカメDSC-RX100 は、他メーカーにはない独自のポジションにある機種ですが、7月5日(2013年)に後継機種DSC-RX100II が発売されることになりました。

レンズはRX100と同じ35ミリ判換算で28~100mmに相当する焦点距離10.4~37.1mm(F1.8~4.9)の大口径ズームを搭載しています。

背面モニターもそのまま継承されチルト式液晶が搭載されています。

また、ミラーレス機(デジタル一眼)のように、ファインダーを覗きこんで撮影することも出来る高画質なEVFがオプションとして用意されています。

DSC-RX100 II(M2)の大きな特徴として上げられるのは、撮像素子が裏面照射型CMOSセンサーになったことです。

1/2.3型には比較的多く採用されている裏面照射型CMOSですが、1.0型の大きなセンサーでは世界初になります。

裏面照射型CMOSセンサーの強みは何といっても高感度撮影時の画質の良さにあります。

センサーサイズのアドバンテージと相俟って、今までに無く暗所での撮影に強いコンデジに仕上がっています。

DSC-RX100II(M2)は、WiFiに加えてNFCにも対応しています。

NFCをスマホに近づけると、アプリの起動や接続確認に認証、そしてコピーの開始までワンタッチでおこなえます。

そしてカメラのスルー画をスマートフォンに転送して、タッチ操作でスマホで撮影もできます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ