ニコンCOOLPIX 4200

COOLPIX 4200 は、2004年にニコンから発売されたコンパクトデジタルカメラです。

4200は撮像素子が有効画素数4.0メガピクセルになっていて、同時期のCOOLPIX 4100と同等ですが、サイズが1/1.8型と一回り大きなCCDが搭載されています。

それにより、ワンランク上の画素を実現しています。ニコンでも『A4いっぱいの大きなサイズのプリントアウトにも耐える美しい画像が得られます。』と、写真を大伸ばししてもきれいに仕上がると謳っています。

搭載された光学3倍ズームのニッコールレンズは、ED(特殊低分散ガラス)レンズや非球面レンズを採用したことで高い描写力を実現しています。そして新開発の画像処理エンジンは、ニコンのデジタル一眼レフにも使用されているアルゴリズムを組み込んだもので、階調豊かな美しい画像が得られるとしています。

COOLPIX4200  主な仕様 (ニコン様のサイトより)
記録画素数 4M (2272×1704), 3M (2048×1536), 2M (1600×1200), PC (1024×768), TV (640 x 480)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFTカラー液晶 110,000画素(反射透過併用型)、輝度調節機能付
動画 TV再生(640):640×480/15fps、カメラ再生(320)320×240/15fps、長時間再生(160)160×120/15fps
電源 Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL5(付属)、ACアダプタEH-62A(別売)
測光方式 マルチ測光、中央部重点測光、スポット測光
撮影コマ枚数 内蔵メモリー記憶時(4M時) FINE:約5コマ、NORMAL:約11コマ、BASIC:約21コマ
記録メディア 内蔵メモリ 約12MB、SDメモリーカード
シャッター速度 4~1/2,000秒
連写性能 単写、連写(約1.3コマ/秒)、マルチ連写(16画面)、サーキュラー連写(5コマ)
動画撮影可能時間 (256MB SDメモリーカード使用時の目安) TV再生(640):約348秒、カメラ再生(320):約785秒、長時間再生(160):約2896秒
内蔵スピードライト 自動、赤目軽減自動発光(アドバンスト赤目軽減機能付)、強制発光、発光禁止、スローシンクロ
ファインダー  実像式光学ズームファインダー
撮影モード オート、アシスト機能つきシーンモード (ポートレート/風景/スポーツ/夜景ポートレート)、シーンモード(パーティー/海・雪/夕焼け/トワイライト/夜景/クローズアップ/ミュージアム/打ち上げ花火/モノクロコピー/逆光/パノラマアシスト)、BSS (ベストショットセレクタ)、階調補正、輪郭強調、彩度調整、ブラケティング、ホワイトバランス(オート、マニュアル7種、プリセット)、ホワイトバランスブラケティング、電子ズーム(最大4倍)、ノイズ除去、セルフタイマー (3秒、10秒)

ニコンのコンデジCOOLPIX4200で撮った写真からのデジカメプリントは、Lサイズの他、画像の縦横比4:3に合わせたDSCサイズなら画面切れが無く仕上がります。

高画質な写真プリントに仕上げるには、大伸ばししなければ2M (1600×1200)で充分です。最高の4M (2272×1704)の画像でしたら、6P/6PWサイズもキレイな写真になります。

また、4M (2272×1704)/ 3M (2048×1536)で写してあれば、LやDSCにプリントする際、画像を切り出すトリミングを行っても画素数が不足することはありません(ただし極端なトリミングはその限りではありません。)


フジカラーデジカメプリント

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ