SIGMA 60mmF2.8DN ミラーレス機用交換レンズ

SIGMAから、ミラーレス機(デジタル一眼カメラ)用の交換レンズSIGMA 60mmF2.8DN が5月17日(2013年)に発売されます。色はブラックとシルバーの2色展開になります。

SIGMAのミラーレスカメラ用交換レンズ60㎜F2.8

60mmF2.8DNは、特にポートレート(人物)撮影に向いているレンズになります。

ミラーレス用と言いましても、発売されるのはマイクロフォーサーズ規格(主にPanasonicとOlympus)とソニーNEX用の2種類になります。

富士フィルムやニコン、キャノンにペンタックス用のものではありません。

焦点距離が60㎜ですので、中望遠のカテゴリーに入るレンズになりますが、マイクロフォーサーズとNEXではイメージセンサーのサイズの違いから、画角が違います。

フォーサーズでは35ミリ判換算で約120㎜、NEXでは35ミリ判換算で約90㎜に相当します。

35ミリ判換算って何?といった方もいらっしゃると思いますので、ここではごくカンタンにまとめますと、35ミリ判フィルムを利用している使いきりカメラ「写ルンです」の焦点距離は32㎜です。

これを基準にして120㎜相当であれば「写ルンです」の約4倍の望遠撮影が出来るレンズになります。同様に90㎜相当なら約3倍になります。

SIGMA 60mmF2.8DN の主だった仕様は、大きさ:最大径×全長がφ60.8㎜×55.5㎜、重さが190g、レンズ構成は6群8枚で、最小絞値はF22。最短撮影距離は50cmと、最大撮影倍率が1:7.2。美しいボケを実現するため絞り羽根枚数7枚の円形絞りを採用。

その他フィルターサイズはφ46㎜になります。(間違っていた際は、ご容赦ください)

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ