Adobe PhotoShop CC | フォトショップはCSからCCに

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


画像処理ソフトの定番「アドビ フォトショップ」の新製品がアナウンスされました。

PhotoShop CS で約10年間、販売されてきましたが、今回、CSからCCに名称が変更されました。

CCとは、Creative Cloud の略で、アドビ社のクリエイティブ系アプリケーションを全て「クリエイティブクラウド」シリーズに変更されることに伴ったものです。

今後PhotoShopは、従来の永久ライセンス版の販売は終了(アップデートも無い)となります。パッケージ版も販売店などでの在庫のみとなります。

CS(Creative Suite)からCC(Creative Cloud)へ、ブランド名が変更になっただけでなく、機能面でも新たなものが加わり、PhotoShopはメジャーアップデートされました。

Photoshop CCの新機能として注目されているのが、デジカメの手ブレ補正機能に相当する「カメラシェイクリダクション」で、手ブレしている撮影画像をソフトが解析し、シャープな画像に修正することが出来るそうです。その他、今まではRAWデータでしかできなかった「CameraRaw」ですが、Photoshopで開いたRAW以外の画像に対しても適用できるようです。

ホワイトバランス補正なども、RAWデータでしか行えなかったそうですが、他のファイル形式の画像でも使用OKだとしています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ