LeicaX2 Yokohama Editionは限定30台

LeicaX2 Yokohama Edition
ライカカメラジャパン㈱は、「ライカそごう横浜店」(横浜で初となるライカストア)が2013年5月にオープンしたことを記念して特別限定モデル「ライカX2 Yokohama Editionを30台限定で発売します。価格は税込みで283,500円(発売時期は7月の予定)。

ライカX2をベースにYokohama Editionは、ボディー外装は高級感溢れるブラックのリザード風レザーで仕上げています。そして、このボディと同じブラックのリザード風レザーのカメラプロテクターとショルダーストラップがセットになっています。

黒いボディーと対照的に、シャッターボタンや絞りダイヤルなど操作部分にはシルバーカラーが使われアクセントになっています。

ライカX2は、撮像素子にAPS-CサイズCMOS(有効画素数約1620万)を搭載していて、ニコンCOOLPIX ARICOH GR、フジフィルムX100Sなどと共にハイエンドコンパクト機のカテゴリーに分類される機種になります。

ライカX2 (Yokohama Edition)の撮影画像は、APS-Cサイズセンサーを使用しているため多くのデジタル一眼レフカメラと同様、縦横比は3:2になります。

そして静止画(写真)の記録画素数は、4928×3264(16.1M)をはじめ、4288×2856などのJPEGの他、DNG(Digital Negative)で4944×3272などでも記録できます。

ライカX2からのデジカメプリントは、Lサイズでも宜しいのですが、撮影画像が画面切れをあまり起こさず仕上がるのはWLサイズになります。また、一回り大きくて見栄えのするKGサイズがお勧めです。
同様に画面切れ無く大きく伸ばせる2LWや6PWも好評です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ