ニコンCOOLPIX 4100

COOLPIX 4100 は、2004年7月にニコンから発売された約400万画素のコンパクトデジカメです。撮像素子は1/2.5型で総画素数4.23メガピクセルの原色CCDが搭載されています。

手に馴染んで、しっかり構えられるグリップは、手ブレを起こしにくいデザインとなっています。

ニコンでも「4.0メガピクセルの高画質タイプですので、大きいサイズのも鮮明な画像が得られます。」としていますが、最大で2288×1712画素で記録できますので、LサイズやDSCサイズだけでなく、2Lサイズ(178×127㍉)やS8サイズ(216×152㍉)に伸ばしても高画質に仕上がります。

焦点距離が35ミリ判換算で35~105mmに相当する5.8~17.4mm (F2.8~4.9)の光学3倍ズームレンズを搭載していますが、最大4倍のデジタルズーム機能も備わっていますので、併用すると12倍のズーム撮影が可能です。

COOLPIX 4100  主な仕様 (ニコン様のサイトより)
記録画素数 高画質(2288)/標準(2288):2288×1712、エコノミー(1600):1600×1200、パソコン(1024):1024×768、TV(640):640×480
液晶モニター  1.6型アモルフォスシリコンTFT液晶、80,000画素、輝度調節機能付き(5段階)
電子ズーム 最大約4倍
電源  単三形アルカリ乾電池 LR6(付属)2本、Ni-MHリチャージャブルバッテリーEN-MH1-B2(ニッケル水素電池 2本セット・別売)、リチウム電池 CR-V3(市販)1本、単三形ニッケルマンガン電池ZR6(市販)2本、単三形ニッケル乾電池(市販)2本、単三形オキシライド乾電池 2本、単三形リチウム乾電池 FR6/L91(市販)2本、ACアダプタ EH-62B(別売)
測光方式  マルチ測光(256分割)、5点AF測光ポイント対応
撮影コマ枚数  [内蔵メモリ記録時]高画質(2288):約7コマ、標準(2288):約15コマ
記録メディア  内蔵メモリ(容量:約 14.5MB)/SDメモリーカード(別売)※カメラ内で相互の画像コピー可能
シャッター速度  4~1/3000秒
連写性能 単写、連写(約1.5コマ/秒、画像モード[標準(2288)]時:連続約7コマまで)、マルチ連写(16コマ連続撮影)
連続撮影コマ数  約110コマ(アルカリ乾電池使用時)/約260コマ(EN-MH1使用時)/約530コマ(CR-V3使用時)
内蔵スピードライト  調光方式:自動調光制御、調光範囲:約 0.4~3.4(広角側)/約 0.4~2.0m(望遠側)、モード:AUTO、赤目軽減自動発光(AF補助光LED照射による)、発光禁止、強制発光、スローシンクロ
ファインダー  実像式光学ズームファインダー、LED表示(ファインダー横)
撮影モード  オート、アシスト機能付シーンモード(ポートレート/風景/スポーツ/夜景ポートレート)、シーンモード(パーティー/海・雪/夕焼け/トワイライト/夜景/クローズアップ/ミュージアム/打ち上げ花火/モノクロコピー/逆光/パノラマアシスト)、動画(TV再生、カメラ再生、長時間再生)、セルフタイマー(10秒)

ニコンCOOLPIX 4100 からのデジカメプリントは、Lサイズの他、画像の縦横比4:3に合わせたDSCサイズなら画面切れが無く仕上がります。

高画質な写真プリントに仕上げるには、エコノミー(1600×1200)であれば申し分ありません。

最低でも、パソコン(1024×768)以上で撮影した画像が必要です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ