Toshiba EXCERIA PRO デジタル一眼レフ用高速CFメモリーカード

東芝は、世界最速の書き込み&読み出し速度を実現したという、超高速CFカードの「EXCERIA PRO」を4月27日(2013年)に発売しました。

東芝のCFメモリーカードEXCERIA PRO写真

東芝は、昨年12月にデジタル一眼レフカメラに使われるコンパクトフラッシュメモリーカード(CFカード)事業に参入すると発表していましたが、この度、150MB/秒の超高速書き込みと、160MB/秒の超高速読み出しを実現しましたEXCERIA PROが発売されました。

発売されたのは、16GB、32GB、64GBの3タイプになります。

EXCERIA PROは、UDMA7に対応していますので、このUDMA7規格に対応した最近の高画素化(大容量化)が進んだデジタル一眼レフカメラで使用することで、特に連写時にその性能を発揮します。

また、Video Performance Guarantee規格Profile 2(VPG-65)にも対応していて、動画の転送速度も65MB/秒を達成しているそうです。

将来的に普及するであろう4Kムービー記録にも対応が可能となっています。


TOSHIBAでは、デジタル一眼レフカメラのマーケットは2015年には現在の1.5倍程度に成長するとの予測から、使用されるCFカードの需要も高まると見込んでいるようです。

この様な状況の中でTOSHIBAはCFメモリーカード市場に参入したわけですが、魅力ある商品を開発し拡販することで、2015年には30%のシェアを目指しているとのことです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ