SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMズーム全域でF1.8を実現

SIGMAのデジタル一眼レフ用交換レンズ18-35mm F1.8

APS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ用の交換ズームレンズで、世界一の明るさを達成した「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」が発表されました。

今までにないズーム全域で開放絞り値F1.8を実現した大口径ズームレンズになります。

35ミリ判換算で27~52.5mmに相当しますが、SIGMAが言うように単焦点大口径レンズ数本分の画角をカバーしますので、様々な撮影シーンにおいて写真表現の可能性を広げてくれる製品になることと思います。

「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」は、SIGMA自社製のデジタル一眼レフ用と、キャノン用、ニコン用が発売される予定です。

主だったスペックは、最短撮影距離:ズーム全域で28cm。最大像倍率は1:4.3。

大きさは、最大径が78mmで全長121.0mm。重さは約810g。

レンズ構成は12群17枚。最小絞り値はF16で、9枚の絞り羽根を使った円形絞りを採用。

そしてフィルター径が72mmになります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ