パナソニックミラーレス機GF6

Panasonicのミラーレス機、マイクロフォーサーズ規格のエントリーモデルGFシリーズの新製品「DMC GF6」が今月(2013年4月)発売されることになりました。

PanasonicミラーレスカメラDMC GF6写真

GF6は、撮像素子には上位機種GX1と同じ4/3型の1600万画素LiveMOSセンサーを、そして新開発の画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」が搭載されたことにより、現行機種GF5を上回る画質になっています。

最高感度はISO12800(拡張でISO25600)。より高解像と、広ダイナミックレンジ、そして暗いシーンにも強くなっています。

なお、GF5は、GF6と併売される模様です。

女性ユーザーが多いGFシリーズですが、シリーズ初となる可動式の3.0型(約104万ドット・縦横比は3:2)のタッチ液晶を搭載し、180度開くことが出来て自分写しもカンタンにできます。

また、スマートフォン等との連携を強化していて、WiFi機能や短距離無線規格であるNFCも搭載されています。

クリエイティブコントロールは、トイポップ/サンシャイン/オールドデイズ/ブリーチバイパス/ファンタジーが従来機に比べ増えていて、19種類から選択できます。

「料理モード」が、おまかせiAモードに加わり、料理写真が一層キレイに&簡単に写せるようになっています。

静止画(写真)の記録画素数は、「4:3」4592×3448画素、「3:2」4592×3064画素、「16:9」4592×2584画素、「1:1」3424×3424画素などとなっています。

DMC GF6からのデジカメプリントは、Lサイズで宜しいのですが、画面比ど同一な写真サイズ(4:3ならDSC、3:2ならWL、16:9ならHV)を選択頂くと画面切れが少なく仕上がりますのでおススメです。

また、縦横比3:2になりますが、デジタル一眼の高画質が活きて、一回り大きく見栄えのするKGサイズも人気が有ります。

動画はAVCHDとMP4形式で撮影出来ます。どちらも1920×1080のフルHDでの撮影ができます。《動画ファイルの違いMOV,AVI,AVCHD…


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ