LUMIX G6 | EVF内臓のミラーレス機(マイクロフォーサーズ規格)

ミラーレス機LUMIX DMC-G6で撮ったらデジカメプリントは当ネットサービスで(^-^)


LUMIX Gシリーズの中で一眼レフっぽいスタイルでEVFを内蔵したマイクロフォーサーズの中堅機「LUMIX G6」がアメリカで発表されました。

パナソニックの4/3型ミラーレス機LUMIX DMC-G6写真

LUMIX G6はパナソニックのレンズ交換式デジタル一眼(ミラーレス)カメラのなかで、GF6などのEVFを省いたコンパクトモデルと、上位機種GH3の間に位置づけられる機種です。

撮像素子には4/3型で約1600万画素のLiveMOSセンサーを、背面モニターには、可動式でタッチ操作が出来る3.0型液晶モニターを、そして144万ドットの有機ELディスプレイを使ったEVF(電子ビューファインダー)を搭載しています。

LUMIX G6は、また、画像処理エンジンは新開発されたものを搭載することで、ノイズ軽減機能も高性能になり、更なるローノイズ化を実現しているほか、撮影最高感度はISO25600(拡張時)を達成しています。

連写速度においてもフル画素時で7コマ/秒、起動時間は約0.5秒まで短縮しています。

そして、ローライトAF機能を搭載して暗い撮影シーンにおいてのAF性能をアップさせています。

動画はフルHD対応の1920×1080/60fpsのAVCHD記録。MP4記録にも対応。

そしてLUMIX G6では、新たにタイムラプス機能が加わったことで、高品位なタイムラプス動画も撮影可能になりました。

Lumix GF6で搭載された、不要物をカメラ本体の操作で削除ができる「クリアレタッチ機能」も採用されているそうです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ