キャノン デジカメIXY 420F

IXY 420F は2012年3月にキャノンから発売されたコンパクトデジタルカメラです。

一年前(2011年)に登場したIXY 410F の後継機種になりますが、420F は画素数が約1610万と大幅にアップしています。

ズーム倍率(光学)は5倍で、焦点距離は35ミリ判換算で約24~120 mmに相当する4.3 ~21.5 mmのレンズを搭載しています。

そしてレンズシフト式の手ブレ補正機能が付いています。静止画(写真)動画ともに約4.0 倍のデジタルズーム機能が利用でき最大で約20 倍の拡大撮影が出来ます。

搭載された画像処理エンジンはDIGIC 5 で、2013年4月現在多くのキャノンが発売しているデジカメ(EOSも含む)に使われているものです。

420F のボディーは、シルバー、ブラックの他にピンク、レッド、ブルーの5色展開です。

液晶モニター は、 46.1万ドットで3.2型のTFTカラー液晶になりますが、アスペクト比は16:9のワイド型になり、タッチパネル機能付きです。

ホワイトバランスは、「オート」の他に「太陽光」「くもり」「電球」「蛍光灯」「蛍光灯H」「マニュアル」が選択できます。撮影モードは、「オート」「ムービーダイジェスト」「ポートレート」「美肌」「オートシャッター」「ハイスピード連写」「手持ち夜景」「ローライト」「魚眼風」「ジオラマ風」「トイカメラ風」「ソフトフォーカス」「モノクロ」「極彩色」「オールドポスター」「ワンポイントカラー」「スイッチカラー」「スノー」「長秒時撮影」「iFrame 動画」「ハイスピード動画」など多彩です。

撮影感度は、「オート」とISO 100/200/400/800/1600/3200 に切り替えが可能です。

IXY 420F の動画性能は、フルハイビジョン画質の1920×1080 (24fps)をはじめ、1280×720 (30 fps)や、640×480 (30fps)で撮影出来るほかに、「iFrame 動画」1280×720 (30 fps)、「ハイスピード動画」640× 480と320 ×240、「ジオラマ風」1280×720と640×480 の撮影モードも用意されています。

動画フォーマットは、MOV(H.264)。

静止画(写真)の記録画素数は、アスペクト比『16 : 9』の時に「ラージ」4608×2592 、「ミドル1 」3264×1832 、「ミドル2 」1920×1080 など 。

以下、『3 : 2』で「ラージ」4608 ×3072、「ミドル1」3264×2176 、「ミドル2」1600×1064 など。

『4 :3』で「ラージ」4608×3456 、「ミドル1」3264×2448、「ミドル2」1600×1200 など。

『1:1』で「ラージ」3456×3456、「ミドル1」2448 ×2448、「ミドル2」 1200× 1200 など。

デジカメプリントは、ミドル2以上で撮影された画像でしたらLサイズ等が、ラージやミドル1なら大サイズの写真プリントも充分高画質に仕上がります。

IXY 420Fは、16:9のワイド液晶モニターが採用されていますので、他よりアスペクト比16:9で撮影されることも多いかもしれません。

16:9で撮影された写真からのデジカメプリントはLサイズでも御注文は問題なく承ることが出来ますが、画面左右がかなり切れた写真に仕上がりますので、撮影画像とほぼ同じ縦横比率のHVサイズ(89×158㍉)がお勧めです。

AUTO仕上げの激安 デジカメプリントはHVサイズも激安の9円/枚でお受けしていますのでぜひ、一度ご利用下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ