ニコンCOOLPIX 950

COOLPIX 950 は、ニコンから1999年3月に発売されたコンパクトデジタルカメラです。

COOLPIX 950に採用された撮像素子は、1/2 型のCCDで、総画素数は211 万画素になります。焦点距離が7~21mm(35ミリ判換算で38~115mmに相当)の 3 倍ズームニッコールレンズを搭載しています。(メーカー希望小売価格は消費税別で125,000 円)

ボディー素材は高級感があり、軽量で頑強なマグネシウムを採用しています。

COOLPIX 950  主な仕様 (ニコン様のサイトより)
記録画素数 1600×1200 (Full 画素)、1024×768 (XGA)、640×480 (VGA)
画質モード HI(非圧縮)/ FINE(約1/4)/ NORMAL(約1/8) / BASIC(約1/16)
記録メディア コンパクトフラッシュカード
電源 1.5V LR6単3形アルカリ乾電池×4 本、
1.5V FR6単3形リチウム電池×4 本、
1.2V 単3形ニカド電池×4 本、
1.2V 単3形ニッケル水素電池×4 本、
外部電源(6.5V、2.5A)、
撮影感度 ISO換算 約 80 相当、感度切り換え可能
オートフォーカスモード コンティニュアスAFモード,シングルAFモード,遠景モード、マクロモード、
マニュアルフォーカス(10ステップ)可能
AFエリア
シャッター メカニカルシャッターとCCD電子シャッター併用(8~1/750秒)
絞り 電磁駆動による絞り開口選択方式
露出制御 プログラムオート、絞り優先オート、シャッター優先オート
露出連動範囲 (ISO100 換算) EV -2~15.5 (W), EV-0.8~16.7 (T)
ホワイトバランス オートホワイトバランス(AWB)、
マニュアル設定(5 種類)可能、
プリセットホワイトバランス可能
撮影モード 1.)フルオートモード(A-REC)、
2.)カスタムモード(M-REC:撮影メニューにより、
ホワイトバランス、測光モード、露出補正、階調補正、
モノクロモード等の設定が可能)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ