ニコンCOOLPIX 885

COOLPIX 885 は2001年10月にニコンから発売されたコンデジです。

イメージセンサーには、1/1.8 型で総画素数 3.37 メガピクセル(有効画素数321万)のCCDが、レンズは、焦点距離が8~24mm (35㍉判換算 38~114mm )でF値が2.8~4.9の光学3倍ズームが搭載されていました。また、4倍までの電子ズーム機能も備えていました。

背面のモニターは、約11万画素の1.5 型低温ポリシリコンTFT液晶が採用され、輝度調節(5段階)などの機能がありました。

COOLPIX 885 主な仕様 (ニコン様のサイトより)
記録画素数 「FULL」2048×1536、「XGA」1024×768、「VGA」640×480、
スモールピクチャー機能:640×480、320×240、160×120、96×72、
画質モード (圧縮率(約))=FINE(1/4)、NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)、
HI(非圧縮:TIFF-RGB)、
記録メディア コンパクトフラッシュカード(TYPE I)
電源 Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL1、リチウム2CR5電池、外部電源(8.4V、1.3A)
撮影感度 ISO約100相当、感度切り換え可能(オート、ISO100、200、400相当)
オートフォーカス コントラスト検出方式、マルチエリアオートフォーカス可能
AFエリア 5 カ所、カスタム・シーンモード(ポートレート、クローズアップ)時に 1 カ所を選択可能
シャッター メカニカルシャッターとCCD電子シャッターの併用、8 秒~1/1,000秒、60秒までの長時間露出(BULB)
絞り 電磁駆動による絞り開口選択方式、制御段階:2(F2.8、F7.6)(広角側)
露出制御 プログラムオート(P)、マニュアル露出(M)モード、AEロック、露出固定、露出補正(-2~+2EV、1/3EVステップ)、オートブラケティング
露出連動範囲 EV-3~15(広角側)、EV-1.4~16.6(望遠側)
ホワイトバランス マルチオートホワイトバランス、5 種類のマニュアル設定可能(微調整可能)、プリセット、ホワイトバランスブラケティング
撮影モード フルオートモード、シーンモード([SCENE]:ポートレート、パーティー、夜景、海・雪、風景、夕やけ、遠景夜景、ミュージアム、打ち上げ花火、クローズアップ、モノクロコピー、逆光の12種類)、カスタムモード([CSM]:撮影メニューによりホワイトバランス、測光方式、BSS、階調補正、輪郭強調、コンバータ、画質、感度設定、露出制御、フォーカス、オートブラケティング、ノイズ除去などの設定が可能)、動画(QVGA・最長40秒・15コマ/秒)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ