Rolleiflex Hy6 Mod2 ハイブリッド(デジタル+フィルム)カメラ

Rolleiflex Hy6 Mod2 は中判フィルムとデジタルの両方に対応したハイブリッドカメラです。

ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)から、DHW Fototechnik社の新機種「ローライフレックスHy6 Mod2」&交換レンズ5本が発売されます(2013/3/22日から)。
中判カメラHy6 Mod2
Rolleiflex Hy6 Mod2は、デジタルバックにも対応した中判AF一眼レフカメラ「Hy6」を性能アップさせた新型機になります。

価格はカメラ本体のみで約100万円ほどする高価なシステム(フィルムマガジンで25万円前後、レンズも一本になり、なかなか一般のユーザー手を出せるものではありません。

デジタルカメラとして使用する際には、フィルムマガジンからデジタルパック に交換します。645フィルム(名前は、フィルム1画面のサイズが6×4.5センチから来ています。)デジタルパックは、対応の製品を装着するのですがこちらもやはり高価なものになります。

35ミリ一眼レフのシステムを流用した現在のデジタル一眼レフカメラでも、35ミリフルサイズ/APS-Cサイズ/APS-Hサイズ等の撮像素子があるのと同様に、645判システムに使われている撮像素子の面積(受光部)は、43.9×32.9mm、49.1×36.8mm、53.9×40.4mm等、色んな製品が発売されています。

そして画素数は約5000~8000万画素にもなります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ