PowerShot SX280HS 新型エンジンDIGIC6で動画を強化

キャノンは、海外でコンパクトデジカメPowerShot の新製品を発表いたしました。

最新型となります画像処理エンジン「DIGIC6」が初搭載されることで注目されています。

このPowerShot SX280HS は、静止画(写真)よりも動画撮影にウェイトをおいた機種になるそうです。
キャノンデジカメpowershot sx280hs写真

高速処理の「DIGIC6」の採用により、超高速連写や60fpsでの滑らかなフルHD動画撮影を可能にしています。

その他、動画撮影に対応した5軸手ぶれ機能(光学手ぶれ補正と電子手ぶれ補正を内臓)を搭載したことも話題になっています。

PowerShot SX280HS に使われる撮像素子は1/2.3型の約1200万画素CMOSセンサーで、静止画(写真)撮影での画素数を追うより、撮影感度を重視(最高感度ISO6400)しているのも動画撮影性能に拘ってのことだと思います。

でも、静止画撮影において1200万画素もあれば、写真プリントも充分に高画質に仕上り1800万~2000万画素ある最近のコンパクトデジカメに劣ることはありません。

その他、レンズは35ミリ判換算で約25~500mmの光学20倍ズームを搭載しています。

GPS機能やWiFi機能も内蔵され、他機器との通信機能も備わっています。

DIGIC6  は、コンパクト機PowerShot SX280HS に搭載された画像処理エンジンになりますが、デジタル一眼レフの新製品EOS Kiss X7 などには採用されていません。

どうしてなのか?との声が上がっていますが、Kiss の上位機種であるEOS 60D や、もう1ランク上位のEOS 7D の後継機にはDIGIC6 が搭載されることになるでしょう。


4月10日、PowerShot SX280HSの日本国内での発売が25日になると発表されました。

PowerShot SX280HSは既報の通り、新開発の画像処理エンジンDIGIC 6を搭載し、60pのフルハイビジョン動画に対応し、動きのある被写体を撮影しても滑らかな動画で記録することができます。

また、30pのフルHD動画では、ISO 1600でも従来機PowerShot SX260 HSのISO 400に相当するほどの低ノイズ化を達成しています。

DIGIC 6により、光学式手ブレ補正と、電子式補正を組み合せた5軸手ブレ補正が搭載されたことで、動画撮影において強力に手ブレを補正することが出来るようになっています。

動画変換&DVD書き込みサービス

デジカメで動画撮影されたファイルを、DVDプレーヤーで再生できる形式に変換してDVDディスクに書き込むサービスもネットで受付けています。

デジカメ動画をリビングにある大画面テレビに映し出しみんなで気軽に見ることが出来ます。

商品仕上がりは、黒色トールケースに入れていますが、表紙になるジャケットプリントを付けています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ