IXY DIGITAL210ISはHV動画撮影可

IXY DIGITAL 210 IS は、110 IS と同時期(2013年2月)にキャノンから発売されたコンパクト機になります。

110 IS との違いは、ボディー色は3色あり、レッド、シルバー、そしてゴールドと、210 IS 独自のカラーバリエーションで展開している他に、どちらも光学3倍ズームなのですが、焦点距離が5.9 ~17.9 mmで35 ㍉判換算 だと33 ~100 mm(F3.2 ~F5.8 )となりIXY DIGITAL 210 ISは、僅かにワイド側に強くなっています。(110 ISは、6.2 ~18.6 mm:35 ㍉判換算で 35 ~105 mm)そして約4倍のデジタルズームやレンズシフト方式の手ブレ補正機能が備わっています。

また、87.0(幅)×54.5(高さ)×18.4mm(厚さ)と、特にボディーが薄く仕上げられていました。

約23万ドットの2.5型TFT液晶カラーモニターと実像式光学ズームファインダーが内蔵されている点や、撮影感度はAUTOの他にISO 80/100/200/400/800/1600 に切り替えられたりするのは共通です。

設定できる撮影モードですが、オート、プログラムAE、ポートレート、夕焼け、ナイトスナップ、キッズ&ペット、パーティ / 室内、打上げ花火、長秒時撮影、ビーチ、水中、水族館、新緑 / 紅葉、スノー、ISO3200、デジタルマクロ、までは110 IS と同じですが、210 IS ではワンポイントカラー、スイッチカラー、スティッチアシストと、さらに動画モードでスタンダード、ワンポイントカラー、スイッチカラーが加わっています。

IXY DIGITAL 210 ISは、総画素数が約1240万の1 / 2.3型 CCD が搭載されていて、110 IS の約1000万画素より高画素化されているなど、上位機種然としています。

動画でも110 ISが、640×480画素 (30fps)、320×240画素(30fps)で撮影出来るのに対し210 IS は、より高精細な1280×720画素(30fps)でも写す事が出来ました。

静止画(写真)の記録画素数は、 4000×3000 画素(ラージ)、 3264×2448 画素(ミドル1)、 2592×1944 画素(ミドル2)、1600×1200 画素(ミドル3)、640×480 画素(スモール)、 4000×2248 画素(ワイド)となっていてます。

デジカメプリントもLサイズ等にされる場合は、(ミドル3)以上の画素数が有れば高画質に仕上がります。(ラージ)(ミドル1)等で撮影されていれば、大胆にトリミング(写真に一部を拡大する)を行っても画素数低下による写真プリント品質の劣化は起こりません。当然、普通に大伸ばし(6P、4Pなど)もきれいに仕上がります。

また、(ワイド)は画像比率が16:9に写ります。(ワイド)画像からの写真プリントはLサイズでもご注文いただけますが、画面の左右がかなりカットされてしまいます。
画面切れを起こしたくない場合はHVサイズがおススメです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ