IXY 210F は裏面照射CMOSを搭載

IXY 210F は、2011年2月に200F の後継機として約一年ぶりに発売されましたコンデジになります。

ボディーはメタリックのブルー、オレンジ、ピンク、シルバーの4色がありました。

イメージセンサーには、約1200万画素の1/2.3型で高感度に強い裏面照射型CMOSが採用されました。

レンズは、焦点距離が5.0~20.0mm(35㍉判換算で28~112mm)と、200Fや、400Fと同じ光学4倍ズームが搭載されています。(約4倍のデジタルズームも同じ)

背面のディスプレーですが、IXY 210F は約23.0万ドットの3.0型TFTカラー液晶になり、2.7型だった従来機より若干大きくなっています。

裏面照射型CMOSが使われたことで、ISO感度は、オート、ISO100/200/400/800/1600までだったのが、3200まで伸び、更に条件付ながらISO6400で撮影できます。

フルHD動画撮影に対応

他にも200Fから性能アップした点として、IXY 210F は、動画がフルハイビジョンで撮影出来るようになったことが挙げられます。

ファイル形式はMOV(H.264)で、1920×1080で24fpsの「フルハイビジョン」の他に「ハイビジョン」1280×720で30fps、「スタンダード」640×480で30fps、320×240で30fps、で撮ることができます。

静止画(写真)もマルチアスペクトがより本格的になり、従来の4:3と16:9に3:2、1:1が加わりました。

これに伴い210F は記録画素数も多くの種類が設けられています。

<4:3>では「ラージ」4000×3000画素、「ミドル1」2816×2112画素、「ミドル2」1600×1200画素、「スモール」640×480画素。

<16:9>では「ラージ」4000×2248画素、「ミドル1」2816×1584画素、「ミドル2」1920×1080画素、「スモール」640×360画素。

<3:2>では「ラージ」4000×2664画素、「ミドル1」2816×1880画素、「ミドル2」1600×1064画素、「スモール」640×424画素。

<1:1>では「ラージ」2992×2992画素、「ミドル1」2112×2112画素、「ミドル2」1200×1200画素、「スモール」480×480画素。

以上のようになっていますが、「ミドル3」が廃止されていて、従来の「ミドル3」(4:3)に相当するのが「ミドル2」になっています。

この様に写真の縦横比が切り替えられるようになりますと、コンパクトデジタルカメラは4:3画像だからデジカメプリントは「DSCサイズが画面切れしないから最適なサイズ」だとお勧めするのもあまり適切なことではなくなってきました。

最も一般的なLサイズを中心に、4:3ならDSC、3:2なら一眼レフカメラと同じWL(さらにはKG)、16:9ならHVサイズといったように写真画像のアスペクト比に近い写真プリントが推奨サイズになります。

「写真のフロンティア」では、静止画(写真)からの写真プリントだけでなく、動画をDVDプレーヤーで再生しリビングの大画面テレビで気軽に楽しむことが出来る様にDVDvideo形式に変換してDVDディスクに書き込むサービスも行っています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ