IXY 10S はワイド3.5型タッチモニター

IXY 10S は、IXY 200FIXY 400F と併せて2010年2月にキャノンから発売されましたコンパクトデジタルカメラです。そして、この3機種からIXY DIGITAL ではなく、単にIXY と名乗るようになりました。

また、SD/SDHCカードだけでなく、SDXCーカードにも対応するようになりました。そしてIXY 10S は、この中で最上位機種に位置づけられて、他の2機種より高性能・高機能であるのがセールスポイントです。

ボディーはシルバー、ゴールド、ブラック、ピンクの4色から選べるようになっています。

また、レンズ鏡筒は400F の様にボディー色と一緒ではなく、シルバーで統一されています。

IXY 10S に搭載された撮像素子は、400Fと同じ総画素数約1450万の1 / 2.3型CCD 。

そしてレンズは焦点距離が4.3 ~21.5mm(35㍉判に換算すると約24~120 mm)、明るさがF2.8~F5.9の光学5倍ズームを搭載しています。これは400Fと200Fが35ミリ判換算で28 ~112mmの4倍ズームでしたので、広角にも望遠側にも伸びています。

IXY 10Sの撮影記録画素数(写真)ですが、フル画素で写せる4320×3240画素の「ラージ」を筆頭に「ミドル1」3456×2592画素、「ミドル2」2592×1944画素、「ミドル3」1600×1200画素、「スモール」640×480画素、そして画面比16:9の「ワイド」4320×2432画素が選べます。

デジカメプリントは、LサイズやDSCサイズにされるのでしたら「ミドル3」の1600×1200画素であればキレイに仕上がります。

「ミドル2」以上の画素数があればもっと大伸ばしも高画質です。

また、大きく伸ばさなくても写真の一部分を拡大して仕上げるトリミング処理を行っても画素数の不足を心配する必要も殆どありません。

10Sの「ワイド」設定で撮影された画像は縦横補率が16:9ですので、デジカメプリントご注文はLサイズも承ることが出来ますが、画面の左右がかなりカットされた仕上りになります。16:9画像からはHVサイズ(89×158㍉)が最適です。

次に動画撮影ですが、1280×720画素(30fps)のHD動画に対応していて、他にも640×480画素(30fps)、320×240画素(30fps)で記録できます。

IXYシリーズ初となるタッチパネルモデルとして登場したIXY DIGITAL 930 ISに続いて、IXY 10Sもタッチパネルを採用しています。

縦横比16:9の約46.1万ドットで3.5型と、2.7型23万ドットの400Fよりも大きく見やすい画面であるだけでなく、ボディー背面にあった操作ボタンが無くなりタッチパネルで操作できるようになっているのも大きな特徴です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ