EOS Kiss X7i

ベストセラー一眼レフ「EOS Kiss X6i」の後継機種として「EOS Kiss X7i」が来月(2013年4月)に発売されることになりました。

Kiss X7iの基本性能、ボディーサイズはKiss X6iを踏襲していて、ミラーレス機に対抗するためにライブビュー撮影時の高速AF化を実現したハイブリッド CMOS AF IIを搭載しています。

画像処理エンジンや撮像素子にはX6iやX7と同じDIGIC 5を、APS-Cサイズで約1800万画素CMOSセンサーを搭載しています。

同時期に発売されるEOS Kiss X7 との違いですが、背面ディスプレーは、可動式のワイド3.0型で約104万ドットの液晶(タッチパネル採用)を採用していることと、AF測距点9点すべてがクロスセンサーが使われていることです。

また、EOS Kiss X7i/X7 の発売にあわせて、動画撮影時時のAF性能を向上させるためAF駆動にステッピングモーターを採用した「EF-S18~55mm F3.5-5.6 IS STM」の発売もアナウンスされました。約4段分の手ブレ補正性能があるとしています。

Kissシリーズは2010年2月登場のX4 が1800万画素のセンサーが採用されて以来、今回のモデルチェンジでも画素数アップはなく、据え置かれています。

個人の見解では、これ以上むやみに画素数が増やさなくても良いと考えていますが、X4、X5、X6i、そしてX7i/X7 まで同じ画素数というのは、ちょっと気になります。

ワンランク上のEOS 60D の後継機種“70D”?が発売された場合に、もっと高画素のイメージセンサーが搭載され、差別化させるためにエントリーモデルのKiss の画素数を抑えているのではと妄想しています(^-^)。

EOS Kiss など、デジタル一眼レフカメラで撮影された写真のデジカメプリントは高画質が発揮できる大伸ばしサイズもおすすめです。

宅配便でのお届けになりますが、四つ切(4P)/ワイド四つ切(4PW)にすると迫力があります。また送料の安いメール便でお届けが可能で、撮影画像の縦横比3:2に極めて近い写真サイズの6PW(ほぼA4サイズ)なら画面切れが殆ど無く仕上ります。

デジカメプリント 写真のフロンティア」では、Lサイズ等と大伸ばしプリントが混在したご注文も簡単に承ることが出来る多機能で使いやすい注文ソフト・システムを使用しています。是非一度、ご利用下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ