EOS Kiss X7 は世界最小最軽量のデジタル一眼レフ

APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したデジタル眼レフカメラのなかで世界最小最軽量のボディーを実現しましたキャノンのEOS Kiss X7が発表されました。

発売は来月(2013年4月)に予定されています。

EOS Kiss X7写真

EOS Kiss X7の大きさと重さはそれぞれ、約116.8×90.7×69.4mm、370g(本体のみ)となっていますが、これは、従来機のKiss X6iに比べて、Kiss X7 は体積で約28%の小型化、そして重さで約25%も軽量化されているのが、最大の特徴です。

撮像素子はX6iやEOS-Mなどと同じ、APS-Cサイズで約1800万画素CMOSセンサーを、そして画像処理エンジンも、従来機と同じ「DIGIC 5」を搭載しています。

背面ディスプレーも、同じく約104万ドットでワイド3.0型のTFT式カラー液晶モニターを採用するなど、カメラの基本性能を受け継ぎながらミラーレス機に迫るボディーサイズに収めています。(X7のモニターは固定式。)

AF測距点は9点&中央のみがクロスセンサーとなっていて、この点が上位機種との差になっています。

EOSのローエンドモデルとしてX50 がありましたが、そのX50との比較では、さすがに画素数は約1200万から約1800万にアップしていて、最大記録画素数で写せるLモードが4272×2848画素であるのに対し5184×3456画素と高画素化されています。

そして動画も、1280×720(30/25p)のハイビジョンでの撮影まででしたが、Kiss X7では、1920×1080(30/25/24p)のフルハイビジョンで撮影出来る他、1280×720のハイビジョン撮影でも、より滑らかな60/50pで撮ることができます。

また、画面の約80%にもあたる広いAFエリアを実現したとされる像面位相差対応の「ハイブリッドCMOS AF ll」を採用し、ライブビュー撮影での快適AFを実現してます。

EOS Kiss X7は、小型軽量化とハイブリッドAFにより、ミラーレスカメラに流れそうなユーザーを強く意識した機種になります。

EOS Kiss X7(デジタル一眼レフカメラ)で撮影された写真からのデジカメプリントは、画像比率3:2で仕上り、また一回り大きく見栄えのするハガキ大のKGサイズがお勧めです。また、デジタル一眼レフの高画質が活きる6PWサイズ(203×305㍉)も大伸ばしプリントの中では、画面切れが殆ど無く仕上がります。

(4月20日加筆:EOS Kiss X7は4月24日に国内発売となります。)

「写真のフロンティア」では、高品質なフジカラー純正仕上げで、そして『トリミング』がカンタンに行える高機能な注文ソフトを採用して皆様からの写真現像のオーダーをお待ちしています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ