PowerShot A1400/PowerShot A2600 キャノンのカジュアル機

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


キャノンのデジカメの中で「カジュアルシリーズ」として位置づけられているPowerShot Aシリーズの新製品(2013年2月21日発売)がPowerShot A1400とPowerShot A2600 です。

両機種ですが、イメージセンサーに約1,660万画素(有効約1,600万)で1/2.3型のCCDが搭載されています。

レンズも、焦点距離が5.0~25.0mm(35ミリ判換算で28~140mm)、開放F値がF2.8~F6.9と、どちらも同じものが使われています。デジタルズーム倍率が約4.0倍、プログレッシブファインズーム(ラージ時)も10倍で共通です。

記録画素数ですが、静止画(写真)は、「ラージ」4608×3456画素、「ミドル1」3264×2448画素、「ミドル2」1600×1200画素、「スモール」640×480画素、そして「ワイド」4608×2592画素の中から任意に選択できます。

PowerShot A1400とPowerShot A2600からのデジカメプリントですが、「ラージ」~「ミドル2」の設定で撮影された画像でしたら、標準のLサイズの他、画面比率4:3とほぼ同等に仕上がるDSCサイズは画像切れが殆ど起こりませんのでお勧めです。

「ワイド」で撮影された画像からの写真プリントは、こちらも縦横比がほぼ同じに仕上がる

HV(ハイビジョン)サイズが最適です。当「ネットプリント 激安」サービスならHVサイズ 9円/枚(フジカラープリント仕上げ)でご提供しています。

一方の動画撮影ですが、「ハイビジョン」1280×720ピクセル(25fps)、「スタンダード」640×480(30fps)などが選べますが、フルHDには未対応です。

PowerShot A1400とPowerShot A2600 の共通点ばかり書いてきましたが、ボディー(外観)は大きく違います。A2600 はスリムで凹凸の少ないスタイルをしていますが、A1400 はグリップ部がしっかりとある形状をしています。

これはA1400 は電源に単3型電池を使用しているためなのですが、充電式バッテリーを使っているA2600 との仕様面での違いにもなっています。

また、A1400 にはいまどきのコンパクトデジカメには珍しい光学ファインダーが内臓されていることです。電池を長持ちさせるため、撮影時に液晶モニターを切って使うことを想定しているのでしょうか・・・。

採用されている液晶モニターですが、PowerShot A1400 には、約23.0万ドットの2.7型TFTカラー液晶になります。そしてPowerShot A2600は、約23.0万ドットの3.0型TFTカラー液晶になり、僅かに大きいです。

Canon PowerShot A1400 写真⇒Canon PowerShot A1400


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ