LUMIX DMC-FH10/LUMIX DMC-XS1

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


LUMIX DMC-FH10とLUMIX DMC-XS1が2月14日(2013年)にパナソニックから発売されますが、ポケットに収まるような薄型でスタイリッシュ、そして軽量なボディーで持ち運びが苦にならない、価格も含めて気軽に使える機種になっています。

パナソニックLUMIX コンデジFH10パナソニックLUMIX コンデジXS1写真

撮像素子は、LUMIX DMC-FH10/ DMC-XS1 両機種ともに、1/2.33型の総画素数1660万画素(有効1610万画素)CCD が採用されています。

レンズも、焦点距離4.3~21.5mm(35ミリ判換算で約24~120mm)と、広角側に強い光学5倍ズーム  (明るさはF2.8~6.9)で、同一です。

「MEGA O.I.S.」と呼んでいます光学式の手ブレ補正機能により、暗い撮影シーンや望遠ズーム撮影時に手ブレを抑えた写真を写す事ができます。また、カメラを構える・向けるだけで撮影シーンを自動で判別し撮影状況に合った設定を行う「おまかせiA」を搭載していますので、気軽に高画質な写真が撮れるコンパクトデジカメです。

2.7型の23万ドットTFT液晶がDMC-FH10/ DMC-XS1 搭載されていますが、コストの問題もあるのでしょうが上位機種であるDMC-SZ9 の3.0型 46.0万ドットには及びません。

動画撮影は、フルHDは見送られて、最高の1280×720(30コマ/秒)のHDまでとなっています。その他、640×480や320×240 (30コマ/秒)で撮影する事も出来ます。(動画フォーマットはQuickTime Motion JPEG)

DMC-FH10/ DMC-XS1 の静止画(写真)記録画素数は、画面比率を4:3に設定した時には、フル画素の4608×3456の他に 3648×2736、2560×1920、2048×1536、640×480の5段階に画質と効率のバランスを考えて任意に選択できるようになっています。

3:2に設定して撮影も出来ますが、4608×3072画素。同じく、16:9設定時には4608×2592画素。さらに1:1に設定した場合は3456×3456画素になり、高画質(高画素)の選択だけになります。

DMC-FH10/ DMC-XS1 からは、どのサイズでも御注文いただけますが、アスペクト比に合った写真プリントをおススメ致します。(640×480 だけは画素数が不足してキレイな仕上がりになりませんのであまりおススメではありません。)

特に16:9画像からのデジカメプリントはHVサイズが縦横比がほぼ同一のため画面切れの少ない仕上がりになります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ