最薄部18.6mmで8倍ズームのデジカメFinePix JZ700

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


最薄部18.6mmのスタイリッシュな薄型軽量ボディと光学式8倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ 「FinePix JZ700」が1月23日(2013年)にフジフィルムから発売されました。

FinePix JZ700のボディーサイズは、(幅)99.4×(高さ)57.0×(奥行き)22.6mm で最薄部が18.6mm。重さは、付属のバッテリーとメモリーカードを含んだ状態で約134g となっています。

FUJIFILMデジカメ FinePix JZ700

ボディーの最薄部が18.6mmというのは、FinePix T500と同じですが、T500が光学12倍ズームレンズを搭載していたのに比べると、FinePixJZ700は少し抑えめな8倍ズームです。ただ、焦点距離は、4.3~34.4mm (35ミリ判換算で約24~192mm)で、T500と広角側は同じ画角が確保されていてワイドでダイナミックな写真を撮ることが出来ます。 ※35ミリ判換算で24mm相当

デジタルズーム機能も当然のことながら内蔵されていますが、解像度を維持して拡大することが出来る最大約2倍の超解像ズームを併用すれば最大約16倍もの望遠撮影でもエッジ部の強調と自然でなめらかな階調表現を実現した高画質な写真を写す事ができます。  レンズシフト方式の手ブレ補正機能アリ。

FinePix JZ700に使われている撮像素子は、富士フィルム独自の技術を取り入れたEXR CMOS ではなく、1/2.3型の正方画素CMOS になります。画素数は約1400万。

そのため、撮影感度は最高でISO3200までとなっています。

背面ディスプレーは、約23万ドットで2.7型のTFTカラー液晶モニターを搭載。

FinePix JZ700はフルHD対応

FinePix JZ700の動画撮影ですが、1920×1080ピクセル、1280×720ピクセル、640×480ピクセルに切り替えられて何れも30コマ/秒、音声はステレオで記録できます。

「1920×1080ピクセル」と有りますので、FinePix JZ700はフルHD対応になり、1280×720ピクセル/音声はモノラル のFinePix T500 より高性能になります。

これはCCDをイメージセンサーに使っているT500 と、CMOSセンサーを採用しているJZ700 の差になっています。

一方、デジカメの基本である写真(静止画)撮影での記録画素数ですが、以下のようにL、M、S と三段階に別れていて、高画素からエコノミーな設定を選ぶことが出来ます。

『L』 4288×3216画素(4:3) 、4288×2864 画素(3:2) 、4288×2416画素(16:9)。
『M』 3072×2304画素(4:3) 、3072×1728画素(16:9)。
『S』 2048×1536画素(4:3) 、1920×1080画素(16:9)。
その他、360度の『ぐるっとパノラマ』(11520×1088画素 など)が選択できます。

FinePix JZ700 からの最適なデジカメプリントは、画面比が4:3でしたら標準のLサイズの他、縦横比がほぼ4:3に仕上がるDSCサイズが画像のケラレも少ないです。

同様に、デジタル一眼レフカメラに多い3:2で撮影された写真からのプリントは、WLサイズなら画面切れが少なく仕上がりお勧めです。

さらに16:9の設定で撮影された画像を写真プリントにするなら、158×89㍉のHVサイズが、ほぼ撮影画像をカットすることなく仕上がります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ