Wi-Fi内蔵の16Mデジカメ COOLPIX S6500/COOLPIX S5200

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


2013年2月に発売のニコンのデジカメCOOLPIX S6500とCOOLPIX S5200です。

COOLPIXS6500とS5200の両機種ともに、夜景や室内など暗い場所での撮影場面でも高感度低ノイズのきれいな写真が写せる「裏面照射型CMOSセンサー」を搭載しています。

液晶モニターは3型で反射防止コート付きの約46万ドットTFT液晶になります。
coolpix s6500ニコンのコンデジ COOLPIX S5200

使われている裏面照射型CMOSセンサーですが、総画素数1679万画素(有効画素1602万)で1/2.3型の撮像素子になり、上位機種に当たるCOOLPIX S9500とS9400の有効画素数が1811万になりますので、ここで差別化をはかっています。

COOLPIXS6500とS5200の記録画素数ですが、フル画素で写せる「16M」:4608×3456画素を筆頭に、「8M」:3264×2448画素、「4M」:2272×1704画素、「2M」:1600×1200画素、「VGA」:640×480画素、「16:9」:4608×2592画素。と、以上の中からお好み(目的)に合わせて選択出来ます。

デジカメプリントは、「16M」「8M」「4M」「2M」で撮影された写真画像からでしたら、最も一般的なLサイズの他に、画像の縦横比率に合った写真プリントに仕上がるDSCサイズなら画面切れを殆ど起こしませんのでお勧めです。

「VGA」も同様なのですが、画素数が不足気味ですのでデジカメプリントにすると画像が荒れてキレイな仕上りにはなりません。おススメ度は△です^^;

また、「16:9」画像からのデジカメプリント御注文も、画面比率と写真の縦横比率がほぼ同じのHVサイズ(158×89㍉)が最適です。

動画撮影はフルHD対応で、1920×1080ピクセル(30fps)、1280×720ピクセル(30fps)など多くの画質設定がCOOLPIXS6500/S5200 で行うことが出来ます。

手ブレ補正機能、風切り音を低減する機能も付いています。

また、クイックエフェクト・Wi-Fi機能を使って、撮影した写真、写真を加工したものを、ワイヤレスでスマートフォンに送れます。

COOLPIX S6500とS5200との違いは、レンズの違いが上げられます。

S 6500は、焦点距離が4.5~54.0mm(35ミリ判換算で約25~300mm)、F値がF3.1~6.5の光学12倍ズームを搭載しているのに対して、COOLPIX S5200は、焦点距離4.6~27.6mm(35ミリ判換算で約26~156mm相当)、F値3.5~6.5の光学6倍ズームになっています。両機種とも最大4倍のデジタルズーム機能付。

「16M」「8M」「4M」と「16:9」で撮影された画像でしたら画素数も十分ありますので、デジカメプリントはトリミングを行ってもLや、HV、KGサイズ程度でしたら高画質に仕上がります。

※トリミング・・・画像の一部分を拡大したり、不要な箇所をカットすることです。

当ネットプリントでは、このトリミング指定がお客様の手でカンタンに出来ますので一度お試しください!


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ