超解像100倍ズームFinePix SL1000

富士フィルムから2013年2月23日に発売されるFinePixSL1000は、焦点距離が35ミリ判換算で広角24mmから超望遠1200mmにもなる純正フジノン光学50倍ズームレンズと、この超望遠撮影を快適にする強力な手ブレ補正機能を搭載した”超ロングズームデジタルカメラ”と呼ばれるコンパクトデジカメです。(あまりコンパクトとは言えませんが・・・。)

フジフィルム FinePix SL1000

FinePixSL1000は、光学式の50倍ズームレンズを搭載していますが、さらに2倍の100倍までの望遠撮影を可能にするデジタルズームは、高度な画像処理を行い画質劣化を抑える超解像技術により、高品質な画像で記録することが出来ます。

その他、望遠に強いだけでなく、被写体とレンズの距離が1cmまで近づけるスーパーマクロ機能も備わっています。

動画撮影性能は、1920×1080ピクセル(60fps)、1280×720ピクセル(60fps)、640×480ピクセル(30fps)のなかから選択し撮影できますが、ご覧の様に最高画質は、フルハイビジョン動画撮影に対応しています。

また、240×180ピクセルになりますが、毎秒480コマのハイスピード動画撮影することもOKです。

背面モニターは、角度を上下に調整できるチルト式の約92万ドットで3.0型のTFT液晶モニターを採用。EVFは、アイセンサー付で約92万ドットの高精細0.2型カラー液晶ファインダー。

FinePix SL1000の撮像素子は、有効1620万画素の1/2.3型CMOS が搭載されています。ただし、FinePixHS50EXRも撮影画素数に違いはないのですが、富士フィルムが開発した1/2型のEXR CMOS II では無く、他社が採用しているものと同等のセンサーになります。

静止画(写真)の記録画素数ですが、最高の『L』は、「4:3」(画面比 以下省略)

4608×3456画素 、「3:2」4608×3072画素、 「16:9」4608×2592画素、

「1:1」3456×3456画素。

中間の『M』は、「4:3」3264×2448画素、「16:9」3264×1840画素。

”エコノミー”な『S』は、「4:3」2304×1728 画素、「16:9」1920×1080画素。

と、なっています。

FinePixSL1000では、『M』『S』では、4:3と16:9のアスペクト比しか設定できません。

機能を簡略化していますが、コンデジの標準設定である4:3に次いでワイドな16:9のみが選択できるようになっているのは、この画面比で撮影することが多いからだと推測できます。

ネットご注文はLサイズでも承っていますが、16:9画像からの写真プリントはHVサイズ(158×89㍉)が、左右の画面切れが少なく、そして臨場感溢れる仕上りになります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ