CP+でハッセルのミラーレス機Lunar公開

2012年に発表されていました、高級カメラメーカー・ハッセルブラッド社初のレンズ交換式ミラーレス(デジタル一眼)カメラ「Lunar」ですが、日本で現在開催中(2013年1月31日~2月3日)の『CP+』に出品・展示されています。

国内初披露ということで、注目を集めているようです。

ハッセル ミラーレスLunar

ハッセルブラッドのLunarは、自社開発と言う訳ではなく、ソニーとの提携により実現したカメラで、Eマウントを採用しています。そして基本性能はSony NEX-7 と同等のものです。

HASSEL BLAD のHPでは、画像処理エンジンはBIONZ 、撮影感度はISO100~16000、AFは25点測距、連写性能は10コマ/秒、超音波振動によるセンサー付着ゴミの除去機能搭載などとあります。

そしてイメージセンサーは、コンパクトシステムカメラの中では最大のセンサーサイズで、デジタル一眼レフカメラに最も多く使われているAPS-Cサイズ(画素は約2400万)が搭載されていますが、このLunar のセンサーは、一般的なコンパクト機の約13倍、13.2×8.8㍉センサー(ニコン1を意識しているのか?)の約3.1倍、そしてマイクロフォーサーズの約1・6倍もの大きさがあり、ノイズの少なくて高品質な写真が写せることを謳っています。

ボディーデザインはハッセルのオリジナリティー溢れるものになっていて、グリップ部はカーボンファイバー(シルバー、チタン、ブラックの3色)と、ウッド・木製はオリーブなど4種、そしてレザー・皮革は多くのバリエーションが用意されています。

さてHASSEL BLAD Lunar ですが、日本国内では、18-55mmとのレンズキットで50万円ほどで販売されるようです。ご多分にもれず(PanasonicのLumixをベースにしたLeicaのコンデジなど)国産メーカーと同等の製品でもかなり割高な価格設定になっています。

その他、CP+では、中判デジタル「HASSELBLAD H5D」も出品されていたようですが、H4D からどんな進化を遂げているのか、気になるところです。

写真プリントはフジカラー純正仕上げの「フロンティア」へ!

激安の自動補正仕上げと手動補正も行うプロ仕上げが

お選び頂けます。

サイズ名 大きさ 自動補正 自動補正
&手動補正
L 89 x 127mm 6円 11円
DSC 89 x 119mm(4:3) 7円 12円
WL 89 x 133mm(3:2) 8円 13円
HV 89 x 158mm(16:9) 9円 14円
KG< 102 x 152mm(3:2) 9円 14円

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ