Lumix SZ9/SZ3 スリムな10倍ズームデジカメ

Panasonic から春の新製品としてLumix SZ9とSZ3 などが2月14日(2013年)に発売されます。Lumix SZ9とSZ3 は、スリムなボディーに光学10倍ズームを搭載した、1600万画素のコンパクトデジタルカメラです。

ボディーは、SZ9が、シルバー、ピンク 、ブラックの3色。SZ3が、ブラック、ホワイト、ピンク、ブラウンの4色が選べます。

光学10倍ズームレンズは、非球面6面4枚を含む7群9枚構成のLEICA DC VARIO-ELMARで、焦点距離は35ミリ判換算で約25~250mmに相当する4.5~45.0mm(F値は3.1~5.9)になります。手ブレ補正機構は光学式(レンズシフト)を搭載しています。

広角側ですが、35ミリ判換算で約25mmの画角があり、風景等では、かなり遠近感のあるダイナミックな写真が写せます。

そして両機種とも1600万画素機になりますが、使われているイメージセンサーは、Lumix SZ3が、総画素数1660万画素で1/2.3型のCCDセンサーなのに対して、Lumix SZ9は、1/2.3型は変わらないものの総画素数1750万のMOSセンサーになります。

MOSセンサーと画像処理エンジンの組み合わせでSZ9は、室内や夜間などでの高感度撮影する際に起こるノイズの発生を抑えるばかりか、画像のエッジ部や平坦部を識別し、それぞれに適切なノイズリダクション効果を施す「3DNR技術」の他、「マルチプロセスNR技術」、「マルチプロセスNR」などのノイズリダクション機能を搭載し、高品質な写真を撮ることができます。

記録画素数は、静止画に違いはありませんが、動画はフルHD対応がSZ9で、SZ3はHD対応までになります。

先ずSZ9の動画撮影性能ですが、「AVCHD」時に1920×1080 60i 、 1280×720 60p(センサー出力毎秒30コマ)。

「MP4」設定では、1920×1080、1280×720 、640×480(毎秒30コマ)。

そしてSZ3の動画撮影性能ですが、QuickTime Motion JPEG で、1280×720(毎秒24コマ) 、640×480(毎秒30コマ) 、320×240(毎秒30コマ)になり、最大記録時間は2GBまでになります。

続いて静止(写真)画は、「4:3」設定では、4608×3456画素(以下、画素を省略)、3648×2736、 2560×1920、2048×1536、 640×480。

「3:2」設定では4608×3072、「16:9」設定時は4608×2592、「1:1」設定では、3456×3456。と、画素数と画面比率が好みに応じて設定出来ます。

ネットプリントをご注文の際には、Lサイズでも全く問題がないのですが、4:3で撮影された画像なら写真も縦横比が4:3に仕上がるため、画面切れが少ないDSCサイズがお勧めです。同様に3:2でしたらWLサイズが、16:9の画像でしたらHVサイズが最適です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ