CanonデジカメIXY DIGITAL 2000IS 1/1.7型&手ブレ補正

IXY DIGITAL 1000 は、それまで続いてきた1/1.8型CCDを搭載した同シリーズ(3桁の型番)の後を受け、画素数も1000万になったことから4桁の1000が名前になりましたが、その発展改良型が、2007年9月に発売されたCanon IXY DIGITAL 2000IS です。

IXY DIGITAL は、撮像素子が1/2.5型、または1/2.3型になり、一回り大きな1/1.8(2000ISは1/1.7型)は少数派となり、やがて姿を消していくことになります。ですのでIXY DIGITAL 2000IS は、同時期に発売されたシリーズの高級機として最高性能と最高画質を誇っていました。

搭載された1/1.7型のCCD は総画素数が約1240万で、従来機IXY DIGITAL 1000より200万程、画素数がアップしています。

撮影記録画素数は、「ラージ」と呼んでいる4000×3000画素をはじめ、「ミドル1」の3264×2448画素、「ミドル2」の2592×1944画素、「ミドル3」の1600×1200画素、「スモール」の640×480画素から選択できます。

また、キレイにデジカメプリントのLサイズが仕上がるモードとして「L判プリント」(1600×1200画素&圧縮率をファインに固定)も設けられていました。

その他、従来機1000と比較して変更・改良された点は、撮影感度がISO80~3200で、最高感度がそれまでの1600から2倍になりました。

ズーム比ですが、搭載されたレンズは1000が7.7~23.1mm(35ミリ版換算で37~111mm)であるのに対し、IXY DIGITAL 2000ISは、7.7~28.5mm(35ミリ版換算で36~133mm)と、僅かかもしれませんが、より高倍率となっています。

写真プリントは、4000×3000画素の「ラージ」、3264×2448画素の「ミドル1」、そして圧縮率をファイン/スーパーファインで撮影頂いた画像データからなら、Lサイズ・DSCサイズ等だけでなく大伸ばし(6Pや4Pなど)も高品質に仕上がりますし、同じLサイズ等を御注文される場合でも、トリミングを行い画像に一部分を切り出して仕上げる際に画素数が不足して画質が悪くなることも有りません。(トリミング編集は、当ネットプリント御注文ソフトで簡単に操作することが出来ます。)


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ