直線的なデザインのデジカメIXY DIGITAL 10

IXY DIGITAL 10 は2007年3月にキャノンから発売されたコンパクトデジタルカメラですが、直線的で角ばったボディーが特徴です。ただ、ほぼ同時期に発売されたIXY DIGITAL 90 と外観は違うものの性能面で特に違いはなく、何故、この2機種が共に売られていたのか理解しづらいです。(背面モニターは、90 が3.0型液晶で、10 が2.5型液晶&光学ファインダー内臓の違いはありますが・・・)

搭載されたレンズは、焦点距離5.8~17.4mm「35ミリ判換算で約35~105mm」の光学3倍ズーム。F値はF2.8~4.9。非球面レンズ2枚を使った5群6枚構成。

撮像素子は、有効約710万画素/総画素数約740万画素の1/2.5型CCD。

ISO感度は、オート/高感度オートの他にISO80、100、200、400、800、1600に切り替えて撮影することができます。

オートフォーカスは、TTL(顔優先/9点測距)AiAF/中央1点AF、AFロック可能、AF補助光(入/切切替え可能)。

測光モードは、評価測光、中央部重点平均測光、スポット測光(中央固定)。

記録画素数は、動画が、640×480で30fps/15fps または、320×240で30fps/15fps(メモリ容量次第)の『スタンダード』。320×240で60fps(最大1分)の『スムーズ』。160×120で15fps(最大3分)の『ライト』。640×480で0.5fps/1fps(最大2時間・再生は15fps)の『インターバル』があり、選択し録画することが出来ます。静止画は、3072×2304画素の『ラージ』。2592×1944画素の『ミドル1』。2048×1536画素の『ミドル2』。1600×1200画素の『ミドル3』。640×480画素の『スモール』。1600×1200画素(圧縮率はファイン)の『L版プリント』。そして、ラージ

画面の上下を切り取った格好で横長写真が写せる3072×1728画素の『ワイド』に切替えて写せます。LサイズやDSCサイズのデジカメプリントがキレイに仕上り、且つ、経済的(例えば>32MBのSDカードを使って約52枚撮影出来る)に写真を撮れる『L版プリント』モードが歴代のIXY DIGITALの特徴です。

より高画素の『ラージ』『ミドル1』『ミドル2』あたりで撮影した画像ならデジカメプリントは6Pや4Pなどの大伸ばしでもきれいに仕上がりますし、Lサイズ等の場合でもトリミング設定し画面の一部を拡大した際に画素数が不足することもありません。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ